日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チェルシーがオファーの武藤 即レンタル濃厚もう一つの理由

 FC東京FW武藤嘉紀(22)の英プレミアリーグのチェルシー移籍が明らかになると、海外メディアも「チェルシーのモウリーニョ監督が欲しがった」「ハリルホジッチ日本代表でも確たる地位をキープしている選手」といった記事を掲載した。

 武藤本人は「まだ行くかどうか、決めていません」とコメント。「日本代表DF長友佑都が所属するセリエAインテルが移籍金も提示してオファー」と書いたスポーツ紙もあったが、正式オファーはチェルシーだけ。関係者によれば「チェルシー、FC東京、武藤の三者が移籍に合意済み。6月27日のJ1前期最終17節・清水戦が終わるとすぐに渡英する」段取りになっている。

 もっとも、武藤はチェルシーの本拠地ロンドンに向かい、新スポンサーの横浜ゴムのロゴの入ったユニホームを着て入団会見を行った後、オランダに向けて出発する。

「チェルシーには完全移籍で加入するが、実は英での労働許可証がおりない可能性が高い」とサッカージャーナリストが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事