桐生祥秀の世界陸上代表入りに立ちはだかる一発勝負の重圧

公開日:  更新日:

 日本を代表するスプリンターの世界選手権(世界陸上)出場(8月、北京)が「ピンチ」だ。

 男子100メートルで日本人初の9秒台が期待される桐生祥秀(19)。すでに世界陸上の選考レースのひとつである10日のゴールデングランプリ川崎の欠場を表明。今月14日からの関東学生対校選手権では100、200、400メートルへの出場を予定しているものの、これで世界陸上の出場権を得るチャンスは、6月の日本選手権(新潟)のみとなった。

 世界陸上に出場するには日本陸連が定めた派遣標準記録(10秒16)をクリアしなければならない。今年3月のテキサス・リレー(米国)では、追い風参考ながら日本人最速となる9秒87をマークしたが、選考レースの対象外だった。日本選手権は代表入りを懸けた一発勝負となる。

 すでに日本男子は、昨年の世界リレー選手権(バハマ)で5位に入り、世界陸上400メートルリレーの出場権を得ている。仮に桐生が派遣標準記録をクリアできなくても、リレーメンバーとしての代表入りは確実。強化委員会による推薦で100、200メートルにも出場できるだろうが、日本を代表する韋駄天が自力で個人レースに出場できない可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る