• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

検査帰国のバレは再来日未定…甘えを生んだ“太っ腹契約”

「一日でも早くプレーが再開できるように、ベストを尽くしたい」

 左太もも肉離れで離脱中のヤクルトのバレンティン(30)が、セカンドオピニオンを求めて帰国することになった。再来日は未定というから、今季中に必ず戻ってくる保証はないといっていい。

 昨年10月の左足アキレス腱手術のリハビリを経て、4月24日に初出場するも、その日の試合の守備で肉離れを起こしてリタイアしていた。

 そもそも、復帰時点でアキレス腱の状態は完全ではなかったといわれ、リハビリの取り組み方に疑念を抱かれていた。そんな甘えの誘因となっているのが契約である。

 ヤクルトは、バレンティンが2年連続となる本塁打王を獲得した12年オフに4年契約を結んだ。13年は95万ドル(約1億1000万円)、14~16年の3年総額750万ドル(約9億円)プラス出来高という内容。昨年からの3年間でガッポリ稼げる契約になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る