“ガット不調”乗り越え錦織勝利 今夜QFでジョコビッチと激突

公開日:  更新日:

 テニスのイタリア国際(ローマ)は14日(日本時間15日)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング6位で第5シードの錦織圭(25)が同34位のビクトル・トロイツキ(29、セルビア)と対戦。6-4、6-3でストレート勝ちし、ベスト8に進出した。

 第1セットは相手の粘りもあり、お互いにサービスゲームをキープする展開。第8ゲームで相手のダブルフォールトで、この試合初めてブレークに成功した。第9ゲームを落としたが、第10ゲームは前に出る積極的な攻めを見せて再び、ブレークして第1セットを取った。

 第2セットは3ゲームを先取しながら、5ゲーム目にブレークを許す。一時は追い上げられたが、6ゲーム目以降は流れを引き戻し、第9ゲームをキープして試合を決めた。

 この日はラケットの感触が合わずに、試合中に何度もラケットを替えた。時折、いら立つようなしぐさを見せたが、ストリングス(ガット)の張りを通常よりも1ポンド変更するなど、臨機応変に対処した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る