• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ガット不調”乗り越え錦織勝利 今夜QFでジョコビッチと激突

 テニスのイタリア国際(ローマ)は14日(日本時間15日)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング6位で第5シードの錦織圭(25)が同34位のビクトル・トロイツキ(29、セルビア)と対戦。6-4、6-3でストレート勝ちし、ベスト8に進出した。

 第1セットは相手の粘りもあり、お互いにサービスゲームをキープする展開。第8ゲームで相手のダブルフォールトで、この試合初めてブレークに成功した。第9ゲームを落としたが、第10ゲームは前に出る積極的な攻めを見せて再び、ブレークして第1セットを取った。

 第2セットは3ゲームを先取しながら、5ゲーム目にブレークを許す。一時は追い上げられたが、6ゲーム目以降は流れを引き戻し、第9ゲームをキープして試合を決めた。

 この日はラケットの感触が合わずに、試合中に何度もラケットを替えた。時折、いら立つようなしぐさを見せたが、ストリングス(ガット)の張りを通常よりも1ポンド変更するなど、臨機応変に対処した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る