“ガット不調”乗り越え錦織勝利 今夜QFでジョコビッチと激突

公開日:  更新日:

 テニスのイタリア国際(ローマ)は14日(日本時間15日)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング6位で第5シードの錦織圭(25)が同34位のビクトル・トロイツキ(29、セルビア)と対戦。6-4、6-3でストレート勝ちし、ベスト8に進出した。

 第1セットは相手の粘りもあり、お互いにサービスゲームをキープする展開。第8ゲームで相手のダブルフォールトで、この試合初めてブレークに成功した。第9ゲームを落としたが、第10ゲームは前に出る積極的な攻めを見せて再び、ブレークして第1セットを取った。

 第2セットは3ゲームを先取しながら、5ゲーム目にブレークを許す。一時は追い上げられたが、6ゲーム目以降は流れを引き戻し、第9ゲームをキープして試合を決めた。

 この日はラケットの感触が合わずに、試合中に何度もラケットを替えた。時折、いら立つようなしぐさを見せたが、ストリングス(ガット)の張りを通常よりも1ポンド変更するなど、臨機応変に対処した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る