錦織に厳しいローマ大会のドロー QFでジョコビッチと激突

公開日:  更新日:

 クレーコート(赤土)での大会が続く男子テニス。今週の大会は先週に引き続き、優勝すると1000ポイントがもらえるグレードの高い「マスターズ1000」のイタリア国際(ローマ)だ。第5シードの錦織圭(25)は、初戦となる2回戦でイジ・ベセリー(21・チェコ)と対戦することが決まった。両者は初顔合わせ。錦織は順調に勝ち進めば、準々決勝で第1シードのジョコビッチと戦うことになる。

 バルセロナ・オープンを連覇し、「クレーコートを得意としている」といわれる錦織だが、先週のマドリード・オープンでは、4月に結婚したばかりのマレーにストレート負け。いつもは錦織が見せる、意表をつくドロップショットなどでやられたシーンが印象的だった。サーフェスがクレーだろうがハードだろうが、ベスト3との実力差は歴然だ。しかも、ランク上位の選手も錦織を攻略するためかなり研究している。

 ちなみに11日付ATP世界ランキングでは、1位ジョコビッチ、2位フェデラー、3位マレーは変わらず、錦織は5位から6位に落ち、マドリード・オープンで3連覇をマレーに阻止されたナダルが05年以来10年ぶりにトップ5から転落。7位となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る