• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織に優勝の可能性は? どこよりも早い全仏オープン大展望

 男子テニスの錦織圭(25=世界ランク5位)は、第1シードで臨んだバルセロナ・オープンを連覇。昨年からクレーコート(赤土)での大会で好成績を挙げていることから、5月24日に開幕する全仏オープンに注目が集まる。

 テニスのツアーが行われる会場のサーフェス(コート表面の素材)は、ほとんどがハードだ。アスファルトの上に化学樹脂がコーティングされているコートは、ボールの速度が増すので、高速サーブを有する選手が有利といわれている。クレーが舞台の全仏はハードとは真逆だ。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「クレーは球足が遅くなるためラリーが続きやすい。スタミナが豊富でトップスピンをかけた球を深く打ち返す選手が有利です。天候にも左右されやすく、風が吹けば砂が飛び、雨が降ればボールに赤土が付着し、重くなって弾まなくなる。4大大会の中では、最もタフな試合となります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る