錦織に優勝の可能性は? どこよりも早い全仏オープン大展望

公開日:  更新日:

 男子テニスの錦織圭(25=世界ランク5位)は、第1シードで臨んだバルセロナ・オープンを連覇。昨年からクレーコート(赤土)での大会で好成績を挙げていることから、5月24日に開幕する全仏オープンに注目が集まる。

 テニスのツアーが行われる会場のサーフェス(コート表面の素材)は、ほとんどがハードだ。アスファルトの上に化学樹脂がコーティングされているコートは、ボールの速度が増すので、高速サーブを有する選手が有利といわれている。クレーが舞台の全仏はハードとは真逆だ。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「クレーは球足が遅くなるためラリーが続きやすい。スタミナが豊富でトップスピンをかけた球を深く打ち返す選手が有利です。天候にも左右されやすく、風が吹けば砂が飛び、雨が降ればボールに赤土が付着し、重くなって弾まなくなる。4大大会の中では、最もタフな試合となります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る