• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織に優勝の可能性は? どこよりも早い全仏オープン大展望

 男子テニスの錦織圭(25=世界ランク5位)は、第1シードで臨んだバルセロナ・オープンを連覇。昨年からクレーコート(赤土)での大会で好成績を挙げていることから、5月24日に開幕する全仏オープンに注目が集まる。

 テニスのツアーが行われる会場のサーフェス(コート表面の素材)は、ほとんどがハードだ。アスファルトの上に化学樹脂がコーティングされているコートは、ボールの速度が増すので、高速サーブを有する選手が有利といわれている。クレーが舞台の全仏はハードとは真逆だ。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「クレーは球足が遅くなるためラリーが続きやすい。スタミナが豊富でトップスピンをかけた球を深く打ち返す選手が有利です。天候にも左右されやすく、風が吹けば砂が飛び、雨が降ればボールに赤土が付着し、重くなって弾まなくなる。4大大会の中では、最もタフな試合となります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る