錦織に優勝の可能性は? どこよりも早い全仏オープン大展望

公開日:  更新日:

 男子テニスの錦織圭(25=世界ランク5位)は、第1シードで臨んだバルセロナ・オープンを連覇。昨年からクレーコート(赤土)での大会で好成績を挙げていることから、5月24日に開幕する全仏オープンに注目が集まる。

 テニスのツアーが行われる会場のサーフェス(コート表面の素材)は、ほとんどがハードだ。アスファルトの上に化学樹脂がコーティングされているコートは、ボールの速度が増すので、高速サーブを有する選手が有利といわれている。クレーが舞台の全仏はハードとは真逆だ。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「クレーは球足が遅くなるためラリーが続きやすい。スタミナが豊富でトップスピンをかけた球を深く打ち返す選手が有利です。天候にも左右されやすく、風が吹けば砂が飛び、雨が降ればボールに赤土が付着し、重くなって弾まなくなる。4大大会の中では、最もタフな試合となります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る