• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝利への貪欲さなき阪神 大乱闘でも士気上がらずベイに完敗

 24日のDeNA戦、5-8で迎えた九回表だった。DeNAの抑え・山崎康の初球が阪神・上本の頭部を直撃。和田監督と中畑監督が掴みかからんばかりの大乱闘となった。

 守護神の危険球退場で緊急登板した田中が連続四球、続く国吉の押し出し四球で1点を返し、なお1死満塁の好機を生かせず逆転負け。カード負け越しで5位転落だ。

 和田監督は乱闘について「こっちはいくつもぶつけられている」とし、「ちょっとずつチームが動き出している。決して悪い状態で交流戦に入っていくわけじゃない」と強がったのに対し、中畑監督は「後味が悪い勝ち方。済まないことをした」と神妙な表情。もっとも、阪神は初回に3点を先制しながら勝ちきれなかった。2勝6敗という対戦成績もさることながら、DeNAの選手やベンチがいかに勝利に貪欲か。その差が大きいのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る