澤“復活弾”も 上積みゼロのなでしこに「W杯に向け不安」の声

公開日:  更新日:

 4年前に世界の頂点に立った女王たちは、良くも悪くも「何も変わっていなかった」。なでしこジャパンのコトだ。

 24日、6月8日開幕の15年カナダW杯の前哨戦として、ニュージーランドとの国際親善試合を行った。なでしこは先発した11人中、優勝した11年ドイツW杯の主力が9人。ドイツ組以外の第3GK・山根絵里奈(24=代表歴14試合)の先発出場は、187センチの長身を生かしてニュージーランド選手の高さに対抗するため。DF川村優理(26=13試合)がボランチで起用されたのは、正ボランチのMF阪口夢穂(27=89試合)が、コンディションを崩したからだ。

「3月のアルガルベ大会(ポルトガル)になでしこは若手主体で臨み、9位という散々な結果に終わったが、沢を筆頭に4年前のW杯優勝メンバーを23人中、17人招集したことでチームに安定感が生まれた。しかし、ニュージーランド戦の出場メンバーは、動きにレスポンスの悪さばかりが目立った。18日に始まった合宿で1日2部練習などトレーニングを続け、疲労がたまっていると思いたいが、チーム全体から4年前のハツラツとした強さが見られず、DF熊谷以外に20代前半に主力がいない状況を考えるとW杯での戦いぶりに不安がよぎります」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る