澤“復活弾”も 上積みゼロのなでしこに「W杯に向け不安」の声

公開日:  更新日:

 4年前に世界の頂点に立った女王たちは、良くも悪くも「何も変わっていなかった」。なでしこジャパンのコトだ。

 24日、6月8日開幕の15年カナダW杯の前哨戦として、ニュージーランドとの国際親善試合を行った。なでしこは先発した11人中、優勝した11年ドイツW杯の主力が9人。ドイツ組以外の第3GK・山根絵里奈(24=代表歴14試合)の先発出場は、187センチの長身を生かしてニュージーランド選手の高さに対抗するため。DF川村優理(26=13試合)がボランチで起用されたのは、正ボランチのMF阪口夢穂(27=89試合)が、コンディションを崩したからだ。

「3月のアルガルベ大会(ポルトガル)になでしこは若手主体で臨み、9位という散々な結果に終わったが、沢を筆頭に4年前のW杯優勝メンバーを23人中、17人招集したことでチームに安定感が生まれた。しかし、ニュージーランド戦の出場メンバーは、動きにレスポンスの悪さばかりが目立った。18日に始まった合宿で1日2部練習などトレーニングを続け、疲労がたまっていると思いたいが、チーム全体から4年前のハツラツとした強さが見られず、DF熊谷以外に20代前半に主力がいない状況を考えるとW杯での戦いぶりに不安がよぎります」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る