• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

澤“復活弾”も 上積みゼロのなでしこに「W杯に向け不安」の声

 4年前に世界の頂点に立った女王たちは、良くも悪くも「何も変わっていなかった」。なでしこジャパンのコトだ。

 24日、6月8日開幕の15年カナダW杯の前哨戦として、ニュージーランドとの国際親善試合を行った。なでしこは先発した11人中、優勝した11年ドイツW杯の主力が9人。ドイツ組以外の第3GK・山根絵里奈(24=代表歴14試合)の先発出場は、187センチの長身を生かしてニュージーランド選手の高さに対抗するため。DF川村優理(26=13試合)がボランチで起用されたのは、正ボランチのMF阪口夢穂(27=89試合)が、コンディションを崩したからだ。

「3月のアルガルベ大会(ポルトガル)になでしこは若手主体で臨み、9位という散々な結果に終わったが、沢を筆頭に4年前のW杯優勝メンバーを23人中、17人招集したことでチームに安定感が生まれた。しかし、ニュージーランド戦の出場メンバーは、動きにレスポンスの悪さばかりが目立った。18日に始まった合宿で1日2部練習などトレーニングを続け、疲労がたまっていると思いたいが、チーム全体から4年前のハツラツとした強さが見られず、DF熊谷以外に20代前半に主力がいない状況を考えるとW杯での戦いぶりに不安がよぎります」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る