セクハラで解任のなでしこリーグ元監督 「やっていない」 と反論

公開日: 更新日:

 先月12日、なでしこリーグのジェフ千葉レディースが「上村崇士総監督(40)を重大なセクハラ行為で解任する」と発表した。しかし、記者会見の席上で上村総監督のコメントは出ずじまい。10月6日、代理人弁護士を通じて「ジェフユナイテッド株式会社との契約解除に関して」というリリースが報道各社に送られた。潔白を訴えた上村前総監督の胸中を代理人弁護士に聞いた。

――ジェフ千葉から厳罰処分を受けました。

「これからお答えするコメントは、すべて上村氏からの聞き取りであることを前もってお断りいたします。まずは最初の質問ですが――。《配慮に欠けた行動》があったことは認めます。しかし《重大なセクハラ行為》と呼ばれるようなことは一切ありません」

――配慮に欠けた行動とは何でしょうか?

「練習中に選手の肩をポンと叩いたり、指導のために部屋で選手と1対1で会ったこともあります。軽率だったことを自覚し、深く反省しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る