セクハラで解任のなでしこリーグ元監督 「やっていない」 と反論

公開日:  更新日:

 先月12日、なでしこリーグのジェフ千葉レディースが「上村崇士総監督(40)を重大なセクハラ行為で解任する」と発表した。しかし、記者会見の席上で上村総監督のコメントは出ずじまい。10月6日、代理人弁護士を通じて「ジェフユナイテッド株式会社との契約解除に関して」というリリースが報道各社に送られた。潔白を訴えた上村前総監督の胸中を代理人弁護士に聞いた。

――ジェフ千葉から厳罰処分を受けました。

「これからお答えするコメントは、すべて上村氏からの聞き取りであることを前もってお断りいたします。まずは最初の質問ですが――。《配慮に欠けた行動》があったことは認めます。しかし《重大なセクハラ行為》と呼ばれるようなことは一切ありません」

――配慮に欠けた行動とは何でしょうか?

「練習中に選手の肩をポンと叩いたり、指導のために部屋で選手と1対1で会ったこともあります。軽率だったことを自覚し、深く反省しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る