• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初勝利ならずも…カブス和田は「相手打者分析」に抜かりなし

 左太ももの張りで出遅れていたカブス・和田毅(34)が25日(日本時間26日)のナショナルズ戦に登板。復帰2戦目は5回3分の1を1本塁打を含む4安打1失点、6奪三振2四球だった。勝敗は付かなかった。

 初回、1番スパンに高めの直球を右翼スタンドに運ばれる先頭打者弾を許す不安定な立ち上がり。その後は立ち直り、四回には2死満塁のピンチを招いたが無失点で切り抜けた。同点の六回、先頭の4番ハーパーを二飛に仕留めたところで降板した。

 前回のパドレス戦は4安打2失点2四死球。自己最多の9三振を奪いながら、4回3分の2で降板を命じられ、白星を手にできなかった。スタミナを考慮され、事前に70球までと制限されていたためで、今回も83球と余力を持ってマウンドを降りた。

 不振の5番手左腕ウッドに代わって先発ローテーション入り。渡米1年目の12年に左肘を手術し、シーズンを通じて働いたことがないため、マドン監督はスタミナに不安を抱いているが、頭の準備は抜かりない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る