• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初勝利ならずも…カブス和田は「相手打者分析」に抜かりなし

 左太ももの張りで出遅れていたカブス・和田毅(34)が25日(日本時間26日)のナショナルズ戦に登板。復帰2戦目は5回3分の1を1本塁打を含む4安打1失点、6奪三振2四球だった。勝敗は付かなかった。

 初回、1番スパンに高めの直球を右翼スタンドに運ばれる先頭打者弾を許す不安定な立ち上がり。その後は立ち直り、四回には2死満塁のピンチを招いたが無失点で切り抜けた。同点の六回、先頭の4番ハーパーを二飛に仕留めたところで降板した。

 前回のパドレス戦は4安打2失点2四死球。自己最多の9三振を奪いながら、4回3分の2で降板を命じられ、白星を手にできなかった。スタミナを考慮され、事前に70球までと制限されていたためで、今回も83球と余力を持ってマウンドを降りた。

 不振の5番手左腕ウッドに代わって先発ローテーション入り。渡米1年目の12年に左肘を手術し、シーズンを通じて働いたことがないため、マドン監督はスタミナに不安を抱いているが、頭の準備は抜かりない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る