初勝利ならずも…カブス和田は「相手打者分析」に抜かりなし

公開日:  更新日:

 左太ももの張りで出遅れていたカブス・和田毅(34)が25日(日本時間26日)のナショナルズ戦に登板。復帰2戦目は5回3分の1を1本塁打を含む4安打1失点、6奪三振2四球だった。勝敗は付かなかった。

 初回、1番スパンに高めの直球を右翼スタンドに運ばれる先頭打者弾を許す不安定な立ち上がり。その後は立ち直り、四回には2死満塁のピンチを招いたが無失点で切り抜けた。同点の六回、先頭の4番ハーパーを二飛に仕留めたところで降板した。

 前回のパドレス戦は4安打2失点2四死球。自己最多の9三振を奪いながら、4回3分の2で降板を命じられ、白星を手にできなかった。スタミナを考慮され、事前に70球までと制限されていたためで、今回も83球と余力を持ってマウンドを降りた。

 不振の5番手左腕ウッドに代わって先発ローテーション入り。渡米1年目の12年に左肘を手術し、シーズンを通じて働いたことがないため、マドン監督はスタミナに不安を抱いているが、頭の準備は抜かりない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る