• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍秒読み! FC東京・武藤はマインツ入りが「大正解」の理由

 日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)のドイツ1部リーグ・マインツ移籍の正式発表が秒読み段階に入った。現地のサッカー専門誌キッカーが21日付で両クラブが合意したと報道。2019年までの4年契約で移籍金は4億円と伝えた。

 FC東京の立石GMはこの日(21日)、「最終段階」と欧州移籍が大詰めを迎えていることを認めながら、ドイツ誌の報道については「事実ではない」と否定。「いくつかのクラブが条件を満たしている。あとは本人が行きたいところを選ぶ」としたが、マインツ移籍で間違いなさそうだ。

 当初、いち早くオファーを出したイングランドの名門チェルシーへの移籍が有力視された。が、この超のつく世界的ビッグクラブでは出番が限られるどころか、入団後すぐに友好関係にあるオランダの中堅クラブにレンタルされるのが濃厚とみられ、武藤サイドが二の足を踏むことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る