• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍秒読み! FC東京・武藤はマインツ入りが「大正解」の理由

 日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)のドイツ1部リーグ・マインツ移籍の正式発表が秒読み段階に入った。現地のサッカー専門誌キッカーが21日付で両クラブが合意したと報道。2019年までの4年契約で移籍金は4億円と伝えた。

 FC東京の立石GMはこの日(21日)、「最終段階」と欧州移籍が大詰めを迎えていることを認めながら、ドイツ誌の報道については「事実ではない」と否定。「いくつかのクラブが条件を満たしている。あとは本人が行きたいところを選ぶ」としたが、マインツ移籍で間違いなさそうだ。

 当初、いち早くオファーを出したイングランドの名門チェルシーへの移籍が有力視された。が、この超のつく世界的ビッグクラブでは出番が限られるどころか、入団後すぐに友好関係にあるオランダの中堅クラブにレンタルされるのが濃厚とみられ、武藤サイドが二の足を踏むことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る