移籍秒読み! FC東京・武藤はマインツ入りが「大正解」の理由

公開日:  更新日:

 日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)のドイツ1部リーグ・マインツ移籍の正式発表が秒読み段階に入った。現地のサッカー専門誌キッカーが21日付で両クラブが合意したと報道。2019年までの4年契約で移籍金は4億円と伝えた。

 FC東京の立石GMはこの日(21日)、「最終段階」と欧州移籍が大詰めを迎えていることを認めながら、ドイツ誌の報道については「事実ではない」と否定。「いくつかのクラブが条件を満たしている。あとは本人が行きたいところを選ぶ」としたが、マインツ移籍で間違いなさそうだ。

 当初、いち早くオファーを出したイングランドの名門チェルシーへの移籍が有力視された。が、この超のつく世界的ビッグクラブでは出番が限られるどころか、入団後すぐに友好関係にあるオランダの中堅クラブにレンタルされるのが濃厚とみられ、武藤サイドが二の足を踏むことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る