日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まるで別人 “顔面崩壊”女子レスラー安川惡斗がバリカン断髪

 2月の凄惨マッチで“顔面崩壊”の重傷を負って3カ月余り――。女子プロレスラー安川惡斗(あくと=28)が別人のようにルックスを激変させた。ブログとツイッターで3日、髪を大胆に切り落とし、ベリーショートになった新しい髪形を披露した。

 安川は前日のブログで「イメチェンと宣言。」と題し、バリカンを持つ手とバッサリ刈り落とした毛髪の写真を掲載。ファンから<頭丸めたとか、ないですよね?>などと不安の声が上がると、ツイッターで「丸刈りはしてません。気持ちの切り替えに刈っただけです。髪の毛さっぱりしました!」と公表していた。

 断髪を行ったことについて「復帰目指して気持ちの切り替えだ!って感じでイメチェンしただけですから」とツイッターで説明。10月復帰を目指し、心機一転のイメージチェンジであることを明かしている。


 ただ、バリカン写真が掲載される2日前の5月31日には、安川の顔面を“崩壊”させた相手、世IV虎(よしこ=21)の引退が発表されたばかり。世IV虎は凄惨マッチ後の謝罪会見以降は公の場に姿を現しておらず、事実上の“引責辞任”とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事