金権腐敗FIFAに君臨 ブラッターを生んだ2人の“金の亡者”

公開日:  更新日:

 ブラッターFIFA第8代会長(79)の突然の辞任に正直、驚かされた。

 98年から会長としてFIFAに君臨し、先月30日(日本時間)に5選を果たしたばかりだったからである。3日未明の辞任の報を受け、寝ぼけマナコ状態で情報収集している最中、不意にあることを思い出した。

 02年W杯を日本か、韓国かに決める投票日(96年6月1日。実際には無投票で共同開催)の数日前、スイス・チューリヒのFIFAハウス前でスイス人新聞記者が、こんなことを言っていた。

「毎年《今年こそはFIFAに司直の手が入る》という噂が流れるが、いつもデマに終わる。現実的には、誰もFIFAに手を出せないんだよ」

 スイスが、銀行と各国富裕層の資金を手厚く保護し続けてきたことは有名だが、それは国際スポーツ競技連盟も同じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る