金権腐敗FIFAに君臨 ブラッターを生んだ2人の“金の亡者”

公開日:  更新日:

 ブラッターFIFA第8代会長(79)の突然の辞任に正直、驚かされた。

 98年から会長としてFIFAに君臨し、先月30日(日本時間)に5選を果たしたばかりだったからである。3日未明の辞任の報を受け、寝ぼけマナコ状態で情報収集している最中、不意にあることを思い出した。

 02年W杯を日本か、韓国かに決める投票日(96年6月1日。実際には無投票で共同開催)の数日前、スイス・チューリヒのFIFAハウス前でスイス人新聞記者が、こんなことを言っていた。

「毎年《今年こそはFIFAに司直の手が入る》という噂が流れるが、いつもデマに終わる。現実的には、誰もFIFAに手を出せないんだよ」

 スイスが、銀行と各国富裕層の資金を手厚く保護し続けてきたことは有名だが、それは国際スポーツ競技連盟も同じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る