“清廉潔白”が追い風に ジーコ氏FIFA会長就任の現実味

公開日:  更新日:

 ブラッターFIFA会長が辞意を表明した直後、先の会長選で一騎打ちを演じたヨルダンのアリ王子(39)が再出馬を表明した。続いて韓国の鄭夢準・元FIFA副会長(63)までが「出馬するかどうか、慎重に判断したい」と言いだした。

 韓国サッカー協会の会長として02年W杯開催を日本と争い、不利な状況から共催にこぎ着けるために「FIFAの各国理事に高価な品々を贈ったり、娼婦を抱かせて弱みを握ろうとした」と著名ドイツ人ジャーナリストに暴露されたことのある鄭夢準が会長選出馬に色気を持つとは、ブラックジョークとしか思えないが、ともあれ、アリ王子と鄭夢準の出馬は予想の範疇。驚きはない。

 しかし、王国ブラジル出身の超大物が「出馬を検討している」という報には世界中が仰天した。

 元日本代表監督のジーコ氏(62)が「ブラジルのスポーツ大臣を務め、日本には支持基盤がある。会長をやらない理由はない」と自身のフェイスブックに書き込んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る