“清廉潔白”が追い風に ジーコ氏FIFA会長就任の現実味

公開日:  更新日:

 ブラッターFIFA会長が辞意を表明した直後、先の会長選で一騎打ちを演じたヨルダンのアリ王子(39)が再出馬を表明した。続いて韓国の鄭夢準・元FIFA副会長(63)までが「出馬するかどうか、慎重に判断したい」と言いだした。

 韓国サッカー協会の会長として02年W杯開催を日本と争い、不利な状況から共催にこぎ着けるために「FIFAの各国理事に高価な品々を贈ったり、娼婦を抱かせて弱みを握ろうとした」と著名ドイツ人ジャーナリストに暴露されたことのある鄭夢準が会長選出馬に色気を持つとは、ブラックジョークとしか思えないが、ともあれ、アリ王子と鄭夢準の出馬は予想の範疇。驚きはない。

 しかし、王国ブラジル出身の超大物が「出馬を検討している」という報には世界中が仰天した。

 元日本代表監督のジーコ氏(62)が「ブラジルのスポーツ大臣を務め、日本には支持基盤がある。会長をやらない理由はない」と自身のフェイスブックに書き込んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る