• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“清廉潔白”が追い風に ジーコ氏FIFA会長就任の現実味

 ブラッターFIFA会長が辞意を表明した直後、先の会長選で一騎打ちを演じたヨルダンのアリ王子(39)が再出馬を表明した。続いて韓国の鄭夢準・元FIFA副会長(63)までが「出馬するかどうか、慎重に判断したい」と言いだした。

 韓国サッカー協会の会長として02年W杯開催を日本と争い、不利な状況から共催にこぎ着けるために「FIFAの各国理事に高価な品々を贈ったり、娼婦を抱かせて弱みを握ろうとした」と著名ドイツ人ジャーナリストに暴露されたことのある鄭夢準が会長選出馬に色気を持つとは、ブラックジョークとしか思えないが、ともあれ、アリ王子と鄭夢準の出馬は予想の範疇。驚きはない。

 しかし、王国ブラジル出身の超大物が「出馬を検討している」という報には世界中が仰天した。

 元日本代表監督のジーコ氏(62)が「ブラジルのスポーツ大臣を務め、日本には支持基盤がある。会長をやらない理由はない」と自身のフェイスブックに書き込んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る