• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「冨田事件」に学ぶ教訓…国際試合では“身内”も信用できない

 競泳の元日本代表選手による窃盗疑惑の一件は後味の悪さだけが残った。

 昨年9月に韓国・仁川アジア大会でカメラを盗んだとして窃盗罪で有罪判決を言い渡された冨田尚弥(26)が4日に、控訴を断念。事の真相はともかく、今回の「冨田事件」で改めてハッキリしたのは、国際試合ではいつどんなトラブルに巻き込まれるか分からないということだ。

 日本代表が海外の大会に参加した際、各競技団体が専属コックを雇うのは、ライバル国に買収された宿泊施設の関係者から食事に禁止薬物や下剤を混入されるのを警戒しているから。用意された移動のバスが遅れ、会場入りがギリギリになって試合前のウオームアップもままならないのは日常茶飯事だ。

 国際大会の開催国によるあからさまな嫌がらせもあり、ラグビーの日本代表が遠征した際に、練習場として提供されたグラウンドに釘やガラスの破片が落ちていたことがあったそうだ。日本のお家芸である柔道は世界各国からマークされているため、足を引っ張ろうと畳が敷かれていなかったり、床が剥がれた稽古場を与えられることもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る