• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今や実業家の北島康介が「競泳パンツ」脱げない“大人の事情”

「モチベーションは例年になく高いと思う。来年の五輪に向けて練習しないといけない気持ちが強い」――。

 競泳男子平泳ぎの北島康介(32)はこう語っているが、22日のジャパン・オープン100メートル平泳ぎ決勝は1分01秒28の平凡なタイムで5位に終わった。

 アテネ、北京五輪で2冠に輝いた王者も、力の衰えは隠せない。今年8月の世界選手権(ロシア・カザン)の代表からも漏れた際は、引退を示唆していた。それなのに、今後も積極的に国内外でのレースに参戦する。

 6月上旬から中旬にかけては、日本代表が遠征する欧州グランプリ(フランス、スペイン、モナコ)に出場。6月下旬からは、カリフォルニア州ミッションビエホ、南カリフォルニア大の大会などに出る予定だ。帰国後は日本実業団大会(8月1、2日・鹿児島)への参加を検討するなど、約2カ月間で最大8レースをこなすプランを明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る