<女子サッカーW杯>宮間のPK弾でなでしこが完封発進

公開日: 更新日:

 世界女王なでしこジャパンが、W杯連覇に向けて白星スタートだ。

 15年カナダW杯1次リーグC組・初戦でスイス代表と対戦(日本時間9日午前11時開始)。先制点は前半29分、主将のMF宮間あや(30)の右足キックから生まれた。

 FW大儀見優季(27)が、DFの背後を狙ってループパス。走り込んだFW安藤梢(32)が、スイスGKのヒザ蹴りでぶっ倒された。GKの飛び出しを恐れず、体を張ったプレーでPKゲットである。キッカー役の宮間は、いつものようにポーカーフェースのまま。小刻みなステップでGKのタイミングを外し、グラウンダーのボールをゴール左下隅に蹴り込んだ。

 緊張から一気に解放された宮間。両手でグッと握りこぶしを作り、ようやく笑みがこぼれた。

 なでしこは先発11人中9人がドイツW杯組。右SB有吉佐織(27)、GK山根恵里奈(24)の2人が初のW杯出場となった。身長187センチのGK山根は、平均身長で2・2センチ上回るスイス(168・1センチ)のハイボール対策として大抜擢。代表歴の少ない第3GKは前半12分、相手FWと1対1のピンチを果敢な飛び出しでセーブし、初戦の勝利に貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  7. 7

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  8. 8

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  9. 9

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

  10. 10

    GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る