• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FIFA次期会長有力 “改革派”のプラティニ氏が持つスネの傷

「正義の味方」とか「改革の旗手」の言うことには気をつけろ!

 数十年に及ぶ取材経験から学んだことだ。

 今回のFIFAスキャンダルの“役回り”はハッキリしている。

 5選を決めた直後に電撃的に辞任を表明したブラッター会長、贈収賄容疑などで逮捕された北中米・南米系の副会長や理事たちは「悪の枢軸」。

 以前から彼らを批判してきたUEFA(欧州サッカー連盟)関係者は、サッカー界の腐敗を憂う「良識派」。

 日本の大手メディアの報道を見聞きしているとそんなイメージがつきまとう。本当だろうか?

 そもそも、ブラッターを厳しく追及してきたプラティニUEFA会長にしても「カタールゲート」といわれる大スキャンダルを抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る