FIFA次期会長有力 “改革派”のプラティニ氏が持つスネの傷

公開日:  更新日:

「正義の味方」とか「改革の旗手」の言うことには気をつけろ!

 数十年に及ぶ取材経験から学んだことだ。

 今回のFIFAスキャンダルの“役回り”はハッキリしている。

 5選を決めた直後に電撃的に辞任を表明したブラッター会長、贈収賄容疑などで逮捕された北中米・南米系の副会長や理事たちは「悪の枢軸」。

 以前から彼らを批判してきたUEFA(欧州サッカー連盟)関係者は、サッカー界の腐敗を憂う「良識派」。

 日本の大手メディアの報道を見聞きしているとそんなイメージがつきまとう。本当だろうか?

 そもそも、ブラッターを厳しく追及してきたプラティニUEFA会長にしても「カタールゲート」といわれる大スキャンダルを抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る