FIFA次期会長有力 “改革派”のプラティニ氏が持つスネの傷

公開日:  更新日:

「正義の味方」とか「改革の旗手」の言うことには気をつけろ!

 数十年に及ぶ取材経験から学んだことだ。

 今回のFIFAスキャンダルの“役回り”はハッキリしている。

 5選を決めた直後に電撃的に辞任を表明したブラッター会長、贈収賄容疑などで逮捕された北中米・南米系の副会長や理事たちは「悪の枢軸」。

 以前から彼らを批判してきたUEFA(欧州サッカー連盟)関係者は、サッカー界の腐敗を憂う「良識派」。

 日本の大手メディアの報道を見聞きしているとそんなイメージがつきまとう。本当だろうか?

 そもそも、ブラッターを厳しく追及してきたプラティニUEFA会長にしても「カタールゲート」といわれる大スキャンダルを抱えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る