なでしこと決勝T オランダは高さと速さが武器の“美女軍団”

公開日:  更新日:

「大柄な選手が多く、スピードやテクニックも持ち合わせている。欧米の新鋭として質が高い。前線に個性あるアタッカーをそろえ、モダンなサッカーをする印象だ」

 日本時間24日、決勝トーナメント1回戦で対戦するオランダの印象に関して、日本代表の佐々木監督はこう言った。

 世界ランクは日本の4位に対して12位。初出場ながら1次リーグA組で1勝1敗1分けの勝ち点4を挙げ、カナダ、中国に続く3位で通過した。

 日本の対オランダの通算成績は2戦2勝。08年3月に2対1で下して以来の対戦も、オランダはメンバーの大半が入れ替わっていて、「(08年当時の試合は)参考にはならない」(佐々木監督)という。

 主力どころは確かに若くて「大柄」だ。

 1次リーグのカナダ戦で活躍したDFファンデルグラットは22歳で、身長178センチ。ニュージーランド戦でミドルシュートを決めたMFマルテンスは22歳の170センチ。10年のU19ヨーロッパ女子選手権の得点王だ。FWミーデマは18歳の175センチ。こちらは13~14年のオランダ女子リーグ得点王で、現在はドイツのバイエルン・ミュンヘンでプレーしている。

 おまけに彼女たちは美形で、スタイルもバツグン。ご覧の通り、写真のミーデマを筆頭に、MFファンデドンク(23歳、160センチ)、MFホーゲンディイク(30歳、170センチ)らは美女と評判の選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る