存在価値なきJOC 内部からも「老人クラブ」と非難の声噴出

公開日: 更新日:

「30人の役員のうち、バリバリ動ける40、50代は11人しかいない。あたかも老人クラブのようになろうとしている」――。

 23日の日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で承認された新役員の年齢構成について評議員のひとりである松浪健四郎・日本レスリング協会副会長(68)が声を荒らげた。

 18日のJOC選考委員会で決定した役員には新たに鈴木大地(48=日本水泳連盟会長)、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(43)、アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(40)の3人の40代が名を連ねた。が、最高齢の張富士夫・日本体育協会会長(78)を筆頭に65歳以上の役員が13人も含まれている。

 20年東京五輪開幕まで5年と迫りながら、遅々として進まない新国立競技場の建設問題を筆頭に課題は山積み。松浪評議員が「オリンピックムーブメントを全国に広げていかなければならない。東京五輪は東京だけのものではない。今までのような(高齢)人事で本当にできるのか」と危惧するのは無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る