存在価値なきJOC 内部からも「老人クラブ」と非難の声噴出

公開日:  更新日:

「30人の役員のうち、バリバリ動ける40、50代は11人しかいない。あたかも老人クラブのようになろうとしている」――。

 23日の日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で承認された新役員の年齢構成について評議員のひとりである松浪健四郎・日本レスリング協会副会長(68)が声を荒らげた。

 18日のJOC選考委員会で決定した役員には新たに鈴木大地(48=日本水泳連盟会長)、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(43)、アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(40)の3人の40代が名を連ねた。が、最高齢の張富士夫・日本体育協会会長(78)を筆頭に65歳以上の役員が13人も含まれている。

 20年東京五輪開幕まで5年と迫りながら、遅々として進まない新国立競技場の建設問題を筆頭に課題は山積み。松浪評議員が「オリンピックムーブメントを全国に広げていかなければならない。東京五輪は東京だけのものではない。今までのような(高齢)人事で本当にできるのか」と危惧するのは無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る