• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

存在価値なきJOC 内部からも「老人クラブ」と非難の声噴出

「30人の役員のうち、バリバリ動ける40、50代は11人しかいない。あたかも老人クラブのようになろうとしている」――。

 23日の日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で承認された新役員の年齢構成について評議員のひとりである松浪健四郎・日本レスリング協会副会長(68)が声を荒らげた。

 18日のJOC選考委員会で決定した役員には新たに鈴木大地(48=日本水泳連盟会長)、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(43)、アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治(40)の3人の40代が名を連ねた。が、最高齢の張富士夫・日本体育協会会長(78)を筆頭に65歳以上の役員が13人も含まれている。

 20年東京五輪開幕まで5年と迫りながら、遅々として進まない新国立競技場の建設問題を筆頭に課題は山積み。松浪評議員が「オリンピックムーブメントを全国に広げていかなければならない。東京五輪は東京だけのものではない。今までのような(高齢)人事で本当にできるのか」と危惧するのは無理もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る