日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪「国立競技場騒動」 IOCバッハ会長が苦言の“本音”

「19年までに準備が整い、素晴らしい会場になると確信している」

 10日、こう話したのはワールドラグビーのW杯統括責任者アラン・ギルピン氏。19年ラグビーW杯で使用する新国立競技場は旧競技場の解体遅れと建設費増大で、工期が19年どころか20年東京五輪に間に合わない可能性もある。それでも楽観視するギルピン氏と対照的に、口をとがらせているのがIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長(61)だ。

 8日の理事会後、「競技場に関する論争が、東京(五輪)の準備の進展に影を落とすことは望まない。細かいことにこだわらず、もっと早く意思決定をしてほしい」と釘を刺した。

 新国立競技場の建設費の一部である500億円を国と都で押し付けあい、開閉式の屋根も五輪に間に合うか不透明。設計も二転三転と、ゴタゴタが続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事