東京五輪「国立競技場騒動」 IOCバッハ会長が苦言の“本音”

公開日:  更新日:

「19年までに準備が整い、素晴らしい会場になると確信している」

 10日、こう話したのはワールドラグビーのW杯統括責任者アラン・ギルピン氏。19年ラグビーW杯で使用する新国立競技場は旧競技場の解体遅れと建設費増大で、工期が19年どころか20年東京五輪に間に合わない可能性もある。それでも楽観視するギルピン氏と対照的に、口をとがらせているのがIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長(61)だ。

 8日の理事会後、「競技場に関する論争が、東京(五輪)の準備の進展に影を落とすことは望まない。細かいことにこだわらず、もっと早く意思決定をしてほしい」と釘を刺した。

 新国立競技場の建設費の一部である500億円を国と都で押し付けあい、開閉式の屋根も五輪に間に合うか不透明。設計も二転三転と、ゴタゴタが続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る