• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪「国立競技場騒動」 IOCバッハ会長が苦言の“本音”

「19年までに準備が整い、素晴らしい会場になると確信している」

 10日、こう話したのはワールドラグビーのW杯統括責任者アラン・ギルピン氏。19年ラグビーW杯で使用する新国立競技場は旧競技場の解体遅れと建設費増大で、工期が19年どころか20年東京五輪に間に合わない可能性もある。それでも楽観視するギルピン氏と対照的に、口をとがらせているのがIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長(61)だ。

 8日の理事会後、「競技場に関する論争が、東京(五輪)の準備の進展に影を落とすことは望まない。細かいことにこだわらず、もっと早く意思決定をしてほしい」と釘を刺した。

 新国立競技場の建設費の一部である500億円を国と都で押し付けあい、開閉式の屋根も五輪に間に合うか不透明。設計も二転三転と、ゴタゴタが続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る