東京五輪「国立競技場騒動」 IOCバッハ会長が苦言の“本音”

公開日: 更新日:

「19年までに準備が整い、素晴らしい会場になると確信している」

 10日、こう話したのはワールドラグビーのW杯統括責任者アラン・ギルピン氏。19年ラグビーW杯で使用する新国立競技場は旧競技場の解体遅れと建設費増大で、工期が19年どころか20年東京五輪に間に合わない可能性もある。それでも楽観視するギルピン氏と対照的に、口をとがらせているのがIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長(61)だ。

 8日の理事会後、「競技場に関する論争が、東京(五輪)の準備の進展に影を落とすことは望まない。細かいことにこだわらず、もっと早く意思決定をしてほしい」と釘を刺した。

 新国立競技場の建設費の一部である500億円を国と都で押し付けあい、開閉式の屋根も五輪に間に合うか不透明。設計も二転三転と、ゴタゴタが続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る