日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

部門別成績すべてリーグワースト 阪神それでも単独首位の怪

 摩訶不思議である。

 阪神が昨24日の広島戦を7-2で快勝。4月4日以来となるリーグ単独首位に浮上した。が、チーム部門別成績を見ると、そこには惨憺たる数字が並んでいる。

 総得点はこの日の7得点を含めても215点でリーグ最低。チーム打率(.235)、本塁打数(34本)、盗塁数(23)もワーストだ。ならば投手陣は好調かと言えばそうではなく、チーム防御率は3.79でこちらもリーグワースト。当然、総失点も287点で最下位なのである。

 在阪スポーツ紙が「1点差ゲームを着実にモノにしてきたから」と持ちあげるように、確かに接戦の勝率は高い。1点差ゲームは14勝9敗。これはリーグトップの数字だが、「粘りとしぶとさが出てきた」とメディアが称賛するほどの強さを感じるファンはそう多くないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事