• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

部門別成績すべてリーグワースト 阪神それでも単独首位の怪

 摩訶不思議である。

 阪神が昨24日の広島戦を7-2で快勝。4月4日以来となるリーグ単独首位に浮上した。が、チーム部門別成績を見ると、そこには惨憺たる数字が並んでいる。

 総得点はこの日の7得点を含めても215点でリーグ最低。チーム打率(.235)、本塁打数(34本)、盗塁数(23)もワーストだ。ならば投手陣は好調かと言えばそうではなく、チーム防御率は3.79でこちらもリーグワースト。当然、総失点も287点で最下位なのである。

 在阪スポーツ紙が「1点差ゲームを着実にモノにしてきたから」と持ちあげるように、確かに接戦の勝率は高い。1点差ゲームは14勝9敗。これはリーグトップの数字だが、「粘りとしぶとさが出てきた」とメディアが称賛するほどの強さを感じるファンはそう多くないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る