部門別成績すべてリーグワースト 阪神それでも単独首位の怪

公開日: 更新日:

 摩訶不思議である。

 阪神が昨24日の広島戦を7-2で快勝。4月4日以来となるリーグ単独首位に浮上した。が、チーム部門別成績を見ると、そこには惨憺たる数字が並んでいる。

 総得点はこの日の7得点を含めても215点でリーグ最低。チーム打率(.235)、本塁打数(34本)、盗塁数(23)もワーストだ。ならば投手陣は好調かと言えばそうではなく、チーム防御率は3.79でこちらもリーグワースト。当然、総失点も287点で最下位なのである。

 在阪スポーツ紙が「1点差ゲームを着実にモノにしてきたから」と持ちあげるように、確かに接戦の勝率は高い。1点差ゲームは14勝9敗。これはリーグトップの数字だが、「粘りとしぶとさが出てきた」とメディアが称賛するほどの強さを感じるファンはそう多くないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

もっと見る