部門別成績すべてリーグワースト 阪神それでも単独首位の怪

公開日: 更新日:

 摩訶不思議である。

 阪神が昨24日の広島戦を7-2で快勝。4月4日以来となるリーグ単独首位に浮上した。が、チーム部門別成績を見ると、そこには惨憺たる数字が並んでいる。

 総得点はこの日の7得点を含めても215点でリーグ最低。チーム打率(.235)、本塁打数(34本)、盗塁数(23)もワーストだ。ならば投手陣は好調かと言えばそうではなく、チーム防御率は3.79でこちらもリーグワースト。当然、総失点も287点で最下位なのである。

 在阪スポーツ紙が「1点差ゲームを着実にモノにしてきたから」と持ちあげるように、確かに接戦の勝率は高い。1点差ゲームは14勝9敗。これはリーグトップの数字だが、「粘りとしぶとさが出てきた」とメディアが称賛するほどの強さを感じるファンはそう多くないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る