渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

「帰化?全然悩まなかった。ハワイのお父さんとの電話は1,2分で終わっちゃったよ」

公開日: 更新日:

「25歳になる前、大関になったちょっと後に帰化した」と言う武蔵川親方。国籍のことは微妙な問題ですよね?と聞くとあっさり「そんなことないよ。全然悩まなかった」と言う。異国で働いて生きていくのは大変なこと。しかも彼が属しているのは日本の伝統・文化を守る相撲界。さぞや苦労しているだろうと水を向けても、「大変と思ってないもん」と笑うのだ。

「大関とか横綱は看板力士。だから私は協会のために帰化した。大関や横綱になる人は日本国籍じゃなきゃいけない……それは昔から言われてることだと先代(元横綱三重ノ海)から教えられて、『はい』と言ったよ。全然悩まなかった。ハワイのお父さんに電話したら、『おまえのためなんだから、いいよ。仕事のためなら、やりなさい』と言ってくれた。お父さんはいつも『いつか私は居なくなるんだから』と言って、息子の将来を考えてくれた人だったからね。『国籍は変わっても親は親、息子は息子で、それは変わらない』と言ってた。電話は1、2分で終わっちゃったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る