日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

「帰化?全然悩まなかった。ハワイのお父さんとの電話は1,2分で終わっちゃったよ」

「25歳になる前、大関になったちょっと後に帰化した」と言う武蔵川親方。国籍のことは微妙な問題ですよね?と聞くとあっさり「そんなことないよ。全然悩まなかった」と言う。異国で働いて生きていくのは大変なこと。しかも彼が属しているのは日本の伝統・文化を守る相撲界。さぞや苦労しているだろうと水を向けても、「大変と思ってないもん」と笑うのだ。

「大関とか横綱は看板力士。だから私は協会のために帰化した。大関や横綱になる人は日本国籍じゃなきゃいけない……それは昔から言われてることだと先代(元横綱三重ノ海)から教えられて、『はい』と言ったよ。全然悩まなかった。ハワイのお父さんに電話したら、『おまえのためなんだから、いいよ。仕事のためなら、やりなさい』と言ってくれた。お父さんはいつも『いつか私は居なくなるんだから』と言って、息子の将来を考えてくれた人だったからね。『国籍は変わっても親は親、息子は息子で、それは変わらない』と言ってた。電話は1、2分で終わっちゃったよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事