渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

返事だけ「ハイ!」ってのが多い。来日して二十何年、日本人も変わってきてるのが分かるよ

公開日: 更新日:

 昔と今の弟子の違いを語っても、決して悲観的ではない武蔵川親方。弟子との接し方は、いるだけで雰囲気をつくったという先代とはかなり違う。

「時代だよ、これは。昔は一言、二言聞けばできる人が多かったけど、今の子は、なかなか理解できない。昔はハングリーさがあったからね。今は、それがないから……聞いてるか、聞いてないかも分からない。

 今の若い人は、返事だけ『ハイ!』ってのが多い。日本に来て二十何年経って、日本人も変わってきてるのが分かるよ。

 たとえば、今の若者は何でも『お母さん』だから(笑い)。お母さんが何でもすぐに送ってくる。お母さんでなくても、おじいちゃんやおばあちゃんが送ってくる。そうやって、欲しいモノがすぐ手に入るからハングリーさがないんだよ。

 それと携帯。携帯がないと生きていけないんだ(笑い)。私は『切りなさい』って、ちゃんと言う。門限と一緒で、『ルールを守れ』ということだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る