渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

返事だけ「ハイ!」ってのが多い。来日して二十何年、日本人も変わってきてるのが分かるよ

公開日: 更新日:

 昔と今の弟子の違いを語っても、決して悲観的ではない武蔵川親方。弟子との接し方は、いるだけで雰囲気をつくったという先代とはかなり違う。

「時代だよ、これは。昔は一言、二言聞けばできる人が多かったけど、今の子は、なかなか理解できない。昔はハングリーさがあったからね。今は、それがないから……聞いてるか、聞いてないかも分からない。

 今の若い人は、返事だけ『ハイ!』ってのが多い。日本に来て二十何年経って、日本人も変わってきてるのが分かるよ。

 たとえば、今の若者は何でも『お母さん』だから(笑い)。お母さんが何でもすぐに送ってくる。お母さんでなくても、おじいちゃんやおばあちゃんが送ってくる。そうやって、欲しいモノがすぐ手に入るからハングリーさがないんだよ。

 それと携帯。携帯がないと生きていけないんだ(笑い)。私は『切りなさい』って、ちゃんと言う。門限と一緒で、『ルールを守れ』ということだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る