渡辺勘郎
著者のコラム一覧
渡辺勘郎ノンフィクションライター

59年8月、東京都墨田区生まれ。中大法学部卒業後、週刊文春編集部を経て独立。フリージャーナリストとして、野球を中心に著書多数。

返事だけ「ハイ!」ってのが多い。来日して二十何年、日本人も変わってきてるのが分かるよ

公開日:  更新日:

 昔と今の弟子の違いを語っても、決して悲観的ではない武蔵川親方。弟子との接し方は、いるだけで雰囲気をつくったという先代とはかなり違う。

「時代だよ、これは。昔は一言、二言聞けばできる人が多かったけど、今の子は、なかなか理解できない。昔はハングリーさがあったからね。今は、それがないから……聞いてるか、聞いてないかも分からない。

 今の若い人は、返事だけ『ハイ!』ってのが多い。日本に来て二十何年経って、日本人も変わってきてるのが分かるよ。

 たとえば、今の若者は何でも『お母さん』だから(笑い)。お母さんが何でもすぐに送ってくる。お母さんでなくても、おじいちゃんやおばあちゃんが送ってくる。そうやって、欲しいモノがすぐ手に入るからハングリーさがないんだよ。

 それと携帯。携帯がないと生きていけないんだ(笑い)。私は『切りなさい』って、ちゃんと言う。門限と一緒で、『ルールを守れ』ということだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る