• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初代監督が分析「なでしこの“諦めない心”が劇的OG生んだ」

「なでしこジャパンの決勝点を『運』で片付けてはいけません。あの後半アディショナルタイムの相手オウンゴールは、なでしこならではの【諦めない心】が生んだゴールなのです」

 こう話すのは、初代なでしこジャパン専任監督の鈴木良平氏(ドイツサッカー協会公認S級ライセンス保持者)だ。

 カナダW杯準決勝のなでしこVSイングランド代表(日本時間2日午前8時開始)の前半は、互いにPKで点を取り合う展開となった。前半33分に自陣からMF阪口がロングフィード。右SB有吉がペナルティーエリア右角で倒され、獲得したPKをMF宮間がゴール左下にズバッと決めた。

 しかし、40分に相手CKの流れからイングランドにPKを献上。前半を1-1で折り返した。

 後半15分過ぎから日本は、イングランドに立て続けにクロスバー直撃など決定的なシュートを打たれて防戦一方。後半45分が経過し、アディショナルタイムは3分。2分が経過したところでドラマが待ち構えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る