日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初代監督が分析「なでしこの“諦めない心”が劇的OG生んだ」

「なでしこジャパンの決勝点を『運』で片付けてはいけません。あの後半アディショナルタイムの相手オウンゴールは、なでしこならではの【諦めない心】が生んだゴールなのです」

 こう話すのは、初代なでしこジャパン専任監督の鈴木良平氏(ドイツサッカー協会公認S級ライセンス保持者)だ。

 カナダW杯準決勝のなでしこVSイングランド代表(日本時間2日午前8時開始)の前半は、互いにPKで点を取り合う展開となった。前半33分に自陣からMF阪口がロングフィード。右SB有吉がペナルティーエリア右角で倒され、獲得したPKをMF宮間がゴール左下にズバッと決めた。

 しかし、40分に相手CKの流れからイングランドにPKを献上。前半を1-1で折り返した。

 後半15分過ぎから日本は、イングランドに立て続けにクロスバー直撃など決定的なシュートを打たれて防戦一方。後半45分が経過し、アディショナルタイムは3分。2分が経過したところでドラマが待ち構えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事