日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ2冠の畠山球宴漏れ G選手優先した原監督の“人事センス”

「選ばれると思っていたけど、仕方ない」と、肩を落としたのはヤクルトの4番畠山だ。

 球宴に出場する全選手が昨2日決定。ファン投票、選手間投票に続き、監督推薦による出場選手が発表された。サプライズは19年目で主に代走要員の巨人・鈴木が初出場を決めたことだ。

 全セの指揮を執る巨人の原辰徳監督(56)は「迷ったところはあるけど、ファンのためにいいメンバーを組んでパと戦う」と話したが、これは詭弁だ。もっかセの2冠王、ヤクルト畠山がメンバー漏れしたからだ。

 畠山は2日現在、19本塁打、57打点の好成績。それでも原監督が選ばなかったのは、捕手で選手間投票選出の巨人・阿部が首痛のため、捕手ではなく一塁手で出場させたいからだ。捕手で選ばれた阿部が一塁へ回れば、捕手が足りなくなり、一塁手の畠山は不要。だから捕手のヤクルト・中村を選んだ。このメンバー選びについて、プロ野球に詳しいビジネス評論家の菅野宏三氏ビジネス評論家が、呆れ顔でこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事