• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ2冠の畠山球宴漏れ G選手優先した原監督の“人事センス”

「選ばれると思っていたけど、仕方ない」と、肩を落としたのはヤクルトの4番畠山だ。

 球宴に出場する全選手が昨2日決定。ファン投票、選手間投票に続き、監督推薦による出場選手が発表された。サプライズは19年目で主に代走要員の巨人・鈴木が初出場を決めたことだ。

 全セの指揮を執る巨人の原辰徳監督(56)は「迷ったところはあるけど、ファンのためにいいメンバーを組んでパと戦う」と話したが、これは詭弁だ。もっかセの2冠王、ヤクルト畠山がメンバー漏れしたからだ。

 畠山は2日現在、19本塁打、57打点の好成績。それでも原監督が選ばなかったのは、捕手で選手間投票選出の巨人・阿部が首痛のため、捕手ではなく一塁手で出場させたいからだ。捕手で選ばれた阿部が一塁へ回れば、捕手が足りなくなり、一塁手の畠山は不要。だから捕手のヤクルト・中村を選んだ。このメンバー選びについて、プロ野球に詳しいビジネス評論家の菅野宏三氏ビジネス評論家が、呆れ顔でこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る