セ2冠の畠山球宴漏れ G選手優先した原監督の“人事センス”

公開日: 更新日:

「選ばれると思っていたけど、仕方ない」と、肩を落としたのはヤクルトの4番畠山だ。

 球宴に出場する全選手が昨2日決定。ファン投票、選手間投票に続き、監督推薦による出場選手が発表された。サプライズは19年目で主に代走要員の巨人・鈴木が初出場を決めたことだ。

 全セの指揮を執る巨人の原辰徳監督(56)は「迷ったところはあるけど、ファンのためにいいメンバーを組んでパと戦う」と話したが、これは詭弁だ。もっかセの2冠王、ヤクルト畠山がメンバー漏れしたからだ。

 畠山は2日現在、19本塁打、57打点の好成績。それでも原監督が選ばなかったのは、捕手で選手間投票選出の巨人・阿部が首痛のため、捕手ではなく一塁手で出場させたいからだ。捕手で選ばれた阿部が一塁へ回れば、捕手が足りなくなり、一塁手の畠山は不要。だから捕手のヤクルト・中村を選んだ。このメンバー選びについて、プロ野球に詳しいビジネス評論家の菅野宏三氏ビジネス評論家が、呆れ顔でこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る