なでしこの「組織力」崩壊招いた岩清水交代と急増システム

公開日:  更新日:

 99年自国開催以来の優勝を手にした米国。前半16分までに4点を奪い、早々と勝負を決めたエリス監督は、「キックオフの直後から日本チームにプレッシャーを与えたいと思っていた。すべてが完璧にはまった。これほどうまくいくとは想像もできなかった」と得意満面だった。

 日本からすれば、開始3分、5分の2失点は、想定外だったグラウンダーのボールを決められたもの。ダメージが大きかったのは14分の3点目だ。右サイドからのMFヒースのクロスをDF岩清水(28)が頭でクリアするも中途半端なボールとなり、MFホリデーに右足ボレーをたたきこまれた。

 その19分後、佐々木監督は岩清水の代わりにMF澤を投入。ベンチに下がった岩清水は、懲罰とも取れる交代に両手で顔を覆って号泣した。

 06年に代表デビューした岩清水は07年W杯から3大会連続出場。12年ロンドン五輪銀メダル、14年アジア杯初優勝にも貢献。163センチと小柄だが、高いジャンプ力と抜群のポジショニングで相手クロスをはじき返す、女子日本代表の不動のCBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る