なでしこの「組織力」崩壊招いた岩清水交代と急増システム

公開日:  更新日:

 99年自国開催以来の優勝を手にした米国。前半16分までに4点を奪い、早々と勝負を決めたエリス監督は、「キックオフの直後から日本チームにプレッシャーを与えたいと思っていた。すべてが完璧にはまった。これほどうまくいくとは想像もできなかった」と得意満面だった。

 日本からすれば、開始3分、5分の2失点は、想定外だったグラウンダーのボールを決められたもの。ダメージが大きかったのは14分の3点目だ。右サイドからのMFヒースのクロスをDF岩清水(28)が頭でクリアするも中途半端なボールとなり、MFホリデーに右足ボレーをたたきこまれた。

 その19分後、佐々木監督は岩清水の代わりにMF澤を投入。ベンチに下がった岩清水は、懲罰とも取れる交代に両手で顔を覆って号泣した。

 06年に代表デビューした岩清水は07年W杯から3大会連続出場。12年ロンドン五輪銀メダル、14年アジア杯初優勝にも貢献。163センチと小柄だが、高いジャンプ力と抜群のポジショニングで相手クロスをはじき返す、女子日本代表の不動のCBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る