V9「左のエース」高橋一三氏の死を元巨人で同姓の善正氏悼む

公開日: 更新日:

「善ちゃん、行こうか」
「いいねぇ」

 私が東映から巨人に移籍して1年目、V9最後のシーズンとなる73年のことだ。巨人に来て間もない自分にしばしば声を掛けてくれたのは、当時の左腕エース・高橋一三だった。

 自分が2つ年上。年齢が近いこともあって、キャンプ地の宮崎や遠征先ではよく、一緒に食事に出掛けた。ひんぱんに足を運んだのは広島の和食店。ナイター終了後、カウンターに並んで座り、小鯛、めばる、のどぐろなど瀬戸内の魚をつまみながら話をした。

 巨人にはこんな規律があると聞かされて「ホントかよ!」と驚き、「東映にはそんなもん何もなかったゾ」と笑ったりもした。

 一三は広島で、私は高知出身。ともに魚どころで育ったせいか、べらは煮付けがうまいなどと魚に関するうんちくを語り合った。ビールが好きだったが、魚を食べるときは熱燗を飲んだ。飲んでも決して酔わないし乱れない。酒は強かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る