セ大混戦が後押し ベイ中畑監督「Bクラスでも続投」の可能性

公開日:  更新日:

「続投の追い風になるかもしれない」

 横浜OBがDeNAの中畑監督(61)についてこう言った。

 日本一になった98年以来の前半戦首位ターンを決めたDeNAは観客動員も飛躍的に増加。14日には球団史上最速の42試合で100万人を突破。1試合平均では前年比21.7%増となる2万4481人を記録しており、シーズンシートも完売しているという。横浜の一等地に球場がありながら、客が入らないといわれた時代はすでに過去だ。

 これには就任4年目を迎える中畑監督の貢献度が大きい。新球団となった11年に監督に就任すると喜怒哀楽を前面に押し出し、負けても試合後のインタビューに必ず答えるスタイルを貫くなどファンサービスを徹底してきた。これでマスコミへの露出が格段に増え、今もテレビやスポーツ紙が中畑監督を前面に押し出しているのは、それだけ他より視聴率が取れたり、新聞が売れるからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る