セ大混戦が後押し ベイ中畑監督「Bクラスでも続投」の可能性

公開日:  更新日:

「続投の追い風になるかもしれない」

 横浜OBがDeNAの中畑監督(61)についてこう言った。

 日本一になった98年以来の前半戦首位ターンを決めたDeNAは観客動員も飛躍的に増加。14日には球団史上最速の42試合で100万人を突破。1試合平均では前年比21.7%増となる2万4481人を記録しており、シーズンシートも完売しているという。横浜の一等地に球場がありながら、客が入らないといわれた時代はすでに過去だ。

 これには就任4年目を迎える中畑監督の貢献度が大きい。新球団となった11年に監督に就任すると喜怒哀楽を前面に押し出し、負けても試合後のインタビューに必ず答えるスタイルを貫くなどファンサービスを徹底してきた。これでマスコミへの露出が格段に増え、今もテレビやスポーツ紙が中畑監督を前面に押し出しているのは、それだけ他より視聴率が取れたり、新聞が売れるからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る