25日のアスレチックス戦で復帰 青木は仕上がりは上々

公開日:  更新日:

 右足腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしているジャイアンツ・青木宣親(33)が22日(日本時間23日)、傘下3Aサクラメントのエルパソ戦(パドレス傘下)に「1番・左翼」で出場し、3打数無安打。予定の七回を終えて退いた。

 ここまで、わずか1勝(5敗)と負け越している相手の先発右腕スミスを相手にバットから快音は響かなかったが、内容は悪くない。第1、第2打席ともコースに逆らわずにバットを出して左飛。五回の第3打席は外寄り低めを流し打って遊ゴロだった。

 マイナーでの調整を終えた青木は患部に異常がなければ、24日(同25日)のアスレチックス戦でメジャーに復帰する。

 チームは現在、首位ドジャースと2.5ゲーム差(21日終了時)でナ・リーグ西地区2位。青木は打線を牽引し、チームの逆転優勝の起爆剤となれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る