• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

25日のアスレチックス戦で復帰 青木は仕上がりは上々

 右足腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしているジャイアンツ・青木宣親(33)が22日(日本時間23日)、傘下3Aサクラメントのエルパソ戦(パドレス傘下)に「1番・左翼」で出場し、3打数無安打。予定の七回を終えて退いた。

 ここまで、わずか1勝(5敗)と負け越している相手の先発右腕スミスを相手にバットから快音は響かなかったが、内容は悪くない。第1、第2打席ともコースに逆らわずにバットを出して左飛。五回の第3打席は外寄り低めを流し打って遊ゴロだった。

 マイナーでの調整を終えた青木は患部に異常がなければ、24日(同25日)のアスレチックス戦でメジャーに復帰する。

 チームは現在、首位ドジャースと2.5ゲーム差(21日終了時)でナ・リーグ西地区2位。青木は打線を牽引し、チームの逆転優勝の起爆剤となれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る