25日のアスレチックス戦で復帰 青木は仕上がりは上々

公開日: 更新日:

 右足腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしているジャイアンツ・青木宣親(33)が22日(日本時間23日)、傘下3Aサクラメントのエルパソ戦(パドレス傘下)に「1番・左翼」で出場し、3打数無安打。予定の七回を終えて退いた。

 ここまで、わずか1勝(5敗)と負け越している相手の先発右腕スミスを相手にバットから快音は響かなかったが、内容は悪くない。第1、第2打席ともコースに逆らわずにバットを出して左飛。五回の第3打席は外寄り低めを流し打って遊ゴロだった。

 マイナーでの調整を終えた青木は患部に異常がなければ、24日(同25日)のアスレチックス戦でメジャーに復帰する。

 チームは現在、首位ドジャースと2.5ゲーム差(21日終了時)でナ・リーグ西地区2位。青木は打線を牽引し、チームの逆転優勝の起爆剤となれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

もっと見る