25日のアスレチックス戦で復帰 青木は仕上がりは上々

公開日:  更新日:

 右足腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしているジャイアンツ・青木宣親(33)が22日(日本時間23日)、傘下3Aサクラメントのエルパソ戦(パドレス傘下)に「1番・左翼」で出場し、3打数無安打。予定の七回を終えて退いた。

 ここまで、わずか1勝(5敗)と負け越している相手の先発右腕スミスを相手にバットから快音は響かなかったが、内容は悪くない。第1、第2打席ともコースに逆らわずにバットを出して左飛。五回の第3打席は外寄り低めを流し打って遊ゴロだった。

 マイナーでの調整を終えた青木は患部に異常がなければ、24日(同25日)のアスレチックス戦でメジャーに復帰する。

 チームは現在、首位ドジャースと2.5ゲーム差(21日終了時)でナ・リーグ西地区2位。青木は打線を牽引し、チームの逆転優勝の起爆剤となれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る