「自分自身の型を持て」 決定力不足露呈の代表に釜本氏が提言

公開日:  更新日:

 適切な例えではないかも知れないが、2日の東アジアカップで日本代表が北朝鮮に逆転負けを喫した瞬間、率直な感想は「軍鶏ではなくて鶏のケンカに負けた」だった。

 日本戦に勝利した北朝鮮の監督が「大会に向けてフィジカルトレーニングを積んできた」と話していたが、確かにフィジカル面で日本は北朝鮮に劣っていた。1対1の局面で負けることが多かったし、先に運動量が落ちたのも日本の方だった。

 もっとも、北朝鮮チームが、フィジカル面で世界のトップにあるワケではない。欧州、南米、アフリカなど北朝鮮にフィジカルで勝っている国は少なくない。なので冒頭に「軍鶏ではなくて《鶏のケンカ》」と書いた。

 軍鶏による闘鶏は、気性の荒い軍鶏同士が正面からぶつかり合い、血みどろの戦いが繰り広げられる。それに比べると鶏同士のケンカは、いかに穏やかなシロモノか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る