またも決定力不足を露呈 東アジア杯黒星発進でハリル株急落

公開日:  更新日:

 FIFA世界ランキング154位(当時)のシンガポールとスコアレスドローを演じて評判を下げたハリルホジッチ監督率いる日本代表(ランク50位)が、今度はランク129位の北朝鮮に逆転負けを食らってしまった。

 6月16日のW杯アジア予選・シンガポール戦を0─0で引き分け、ハリル新体制後の3連勝(チュニジア戦2─0、ウズベキスタン戦5─1、イラク戦4─0)の価値が一気に暴落。失地回復のために東アジアカップ優勝を目指して中国に乗り込んだ。が、初戦の北朝鮮戦(2日)からハリル日本、赤っ恥をかいた。

 前半3分、相手エリアに進入した右SB遠藤航(22=湘南)が、ゴール前に走り込んだMF武藤雄樹(26=浦和)にピンポイントクロス。左足ダイレクトで武藤がズバッと決めた。日本代表デビュー戦の2人が、アッパレな先制ゴールである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る