またも決定力不足を露呈 東アジア杯黒星発進でハリル株急落

公開日: 更新日:

 FIFA世界ランキング154位(当時)のシンガポールとスコアレスドローを演じて評判を下げたハリルホジッチ監督率いる日本代表(ランク50位)が、今度はランク129位の北朝鮮に逆転負けを食らってしまった。

 6月16日のW杯アジア予選・シンガポール戦を0─0で引き分け、ハリル新体制後の3連勝(チュニジア戦2─0、ウズベキスタン戦5─1、イラク戦4─0)の価値が一気に暴落。失地回復のために東アジアカップ優勝を目指して中国に乗り込んだ。が、初戦の北朝鮮戦(2日)からハリル日本、赤っ恥をかいた。

 前半3分、相手エリアに進入した右SB遠藤航(22=湘南)が、ゴール前に走り込んだMF武藤雄樹(26=浦和)にピンポイントクロス。左足ダイレクトで武藤がズバッと決めた。日本代表デビュー戦の2人が、アッパレな先制ゴールである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る