またも決定力不足を露呈 東アジア杯黒星発進でハリル株急落

公開日: 更新日:

 FIFA世界ランキング154位(当時)のシンガポールとスコアレスドローを演じて評判を下げたハリルホジッチ監督率いる日本代表(ランク50位)が、今度はランク129位の北朝鮮に逆転負けを食らってしまった。

 6月16日のW杯アジア予選・シンガポール戦を0─0で引き分け、ハリル新体制後の3連勝(チュニジア戦2─0、ウズベキスタン戦5─1、イラク戦4─0)の価値が一気に暴落。失地回復のために東アジアカップ優勝を目指して中国に乗り込んだ。が、初戦の北朝鮮戦(2日)からハリル日本、赤っ恥をかいた。

 前半3分、相手エリアに進入した右SB遠藤航(22=湘南)が、ゴール前に走り込んだMF武藤雄樹(26=浦和)にピンポイントクロス。左足ダイレクトで武藤がズバッと決めた。日本代表デビュー戦の2人が、アッパレな先制ゴールである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る