「パの打点記録」射程圏も…西武・中村の課題は三振減にあり

公開日:  更新日:

コラム【プロ野球 記録の真実】

 西武は5日の楽天戦で4番中村が先制タイムリーを含む5打数4安打。6対1で勝利し14連敗を免れた。

 中村は身長175センチとプロでは小さい部類。しかし風格がある。私にはパの日本人打者で一番大きく見える。それは、本塁打王、打点王計7回の実績があるというだけではない。集中力を打席で維持する独特の呼吸法をマスターし、ここぞの場面で勝負強い。打席では素振りをするより、投手の動きを凝視する。相手にじらされても自分の間合いでバットを振り抜く。

 両リーグ最速の30本塁打(記録は6日時点)も、今季予測(試合数換算)は43本塁打と物足りない。だが、打点98は他を引き離している。2位中田翔(日本ハム)は69打点。20打点近い大差だ。今季予測は140打点と素晴らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る