「パの打点記録」射程圏も…西武・中村の課題は三振減にあり

公開日:  更新日:

コラム【プロ野球 記録の真実】

 西武は5日の楽天戦で4番中村が先制タイムリーを含む5打数4安打。6対1で勝利し14連敗を免れた。

 中村は身長175センチとプロでは小さい部類。しかし風格がある。私にはパの日本人打者で一番大きく見える。それは、本塁打王、打点王計7回の実績があるというだけではない。集中力を打席で維持する独特の呼吸法をマスターし、ここぞの場面で勝負強い。打席では素振りをするより、投手の動きを凝視する。相手にじらされても自分の間合いでバットを振り抜く。

 両リーグ最速の30本塁打(記録は6日時点)も、今季予測(試合数換算)は43本塁打と物足りない。だが、打点98は他を引き離している。2位中田翔(日本ハム)は69打点。20打点近い大差だ。今季予測は140打点と素晴らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る