• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「パの打点記録」射程圏も…西武・中村の課題は三振減にあり

コラム【プロ野球 記録の真実】

 西武は5日の楽天戦で4番中村が先制タイムリーを含む5打数4安打。6対1で勝利し14連敗を免れた。

 中村は身長175センチとプロでは小さい部類。しかし風格がある。私にはパの日本人打者で一番大きく見える。それは、本塁打王、打点王計7回の実績があるというだけではない。集中力を打席で維持する独特の呼吸法をマスターし、ここぞの場面で勝負強い。打席では素振りをするより、投手の動きを凝視する。相手にじらされても自分の間合いでバットを振り抜く。

 両リーグ最速の30本塁打(記録は6日時点)も、今季予測(試合数換算)は43本塁打と物足りない。だが、打点98は他を引き離している。2位中田翔(日本ハム)は69打点。20打点近い大差だ。今季予測は140打点と素晴らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  6. 6

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る