• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀬戸大也が400m個人メドレーで金 日本人初“有終の連覇”

「この結果を取らせてもらうために、神様が200メートルバタフライ(6位)と200メートル個人メドレー(準決勝敗退)の結果を与えてくれたのかなと。とにかく終わったことは仕方ないので、あとは自分を信じただけ。本当にすごくいい経験になった」

 水泳世界選手権(カザニ=ロシア)最終日、男子400メートル個人メドレー決勝で、自己ベストの4分8秒50で金メダルを獲得した瀬戸大也(21)がこう言った。日本勢で初の大会2連覇を果たした。瀬戸は来年のリオ五輪代表に決まった。

 本人が振り返ったように、今大会はここまで振るわなかった。得意種目の200メートルバタフライは6位。200メートル個人メドレーは決勝にすら進めなかった。最終日の400メートル個人メドレーの予選は3位通過。だが、あきらめなかった。「積極的にいくと決めていた。(2種目目の)背泳ぎで勝ったと思った。もぎ取りにいった金メダル。2年前(の世界選手権)とは違う」とはレース後の瀬戸だ。

 なお競泳は過去最多3個の金を獲得し、メダルは銀1個と合わせて4。シンクロの銅4個を含め、今大会のメダル総数は8個だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る