瀬戸大也が400m個人メドレーで金 日本人初“有終の連覇”

公開日:  更新日:

「この結果を取らせてもらうために、神様が200メートルバタフライ(6位)と200メートル個人メドレー(準決勝敗退)の結果を与えてくれたのかなと。とにかく終わったことは仕方ないので、あとは自分を信じただけ。本当にすごくいい経験になった」

 水泳世界選手権(カザニ=ロシア)最終日、男子400メートル個人メドレー決勝で、自己ベストの4分8秒50で金メダルを獲得した瀬戸大也(21)がこう言った。日本勢で初の大会2連覇を果たした。瀬戸は来年のリオ五輪代表に決まった。

 本人が振り返ったように、今大会はここまで振るわなかった。得意種目の200メートルバタフライは6位。200メートル個人メドレーは決勝にすら進めなかった。最終日の400メートル個人メドレーの予選は3位通過。だが、あきらめなかった。「積極的にいくと決めていた。(2種目目の)背泳ぎで勝ったと思った。もぎ取りにいった金メダル。2年前(の世界選手権)とは違う」とはレース後の瀬戸だ。

 なお競泳は過去最多3個の金を獲得し、メダルは銀1個と合わせて4。シンクロの銅4個を含め、今大会のメダル総数は8個だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る