• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上野氏“解任”騒動の日本水連 真の狙いは「平井伯昌HC潰し」

 日本のお家芸のひとつである競泳界が揺れている。

 日本水泳連盟(水連)が強化担当のトップに立つ上野広治・競泳委員長を交代する方針であることが25日の一部報道で発覚。日本代表のヘッドコーチ(HC)時代も含めて強化担当者として計28個のメダル獲得に尽力した同委員長の突然の“解任”騒動に平井伯昌現HCが猛反発し、「上野さんとは一蓮托生。上野さんを代えるなら、僕も代えて欲しい」と7月開幕の世界選手権(ロシア・カザン)を前に辞任を示唆したのである。

 報道によれば、上野委員長が水連の強化責任者と東京都水泳協会会長を兼務していることに批判が集まっているというが、当の委員長によれば「他にも(都道府県協会と)掛け持ちの人はいくらでもいる」という。不可解な交代方針に「なぜ、私だけダメなのか」と疑問を口にしたが、今回の騒動は上野委員長よりも競泳界による平井HC潰しともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る