渡部が女子200m個人メ決勝進出も メダル10個に早くも暗雲

公開日: 更新日:

 初日の結果はどう見るべきか。

 世界水泳10日目、競泳(8日間、42種目)が始まった。女子200メートル個人メドレー準決勝は渡部香生子が2分9秒61の日本新記録をマーク。自身の持っていた日本記録を0秒20更新し、全体3位で3日の決勝に進んだ。400メートルリレー決勝で6位の男子(中村、塩浦、小堀、藤井)と、予選9位に終わった女子はリオ五輪の出場枠を獲得した。

 だが、男子100メートル平泳ぎの小関也朱篤は準決勝14位で決勝へ進めず、立石諒は予選29位で敗退。女子100メートルバタフライ準決勝の星奈津美は14位で敗退。400メートル自由形は女子も男子も予選で消えた。

 エース萩野を故障で欠いた競泳日本代表の平井伯昌監督は大会前、目標のメダル数は「金を含む10個」と言った。メダルの可能性が高いとみられているのが、入江の背泳ぎ(100、200メートル)に瀬戸の200メートルバタフライと個人メドレー(200、400メートル)、渡部の女子200メートル平泳ぎ。大会が終わった時、平井監督は胸を張って総括できるだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る