初戦突破の上田西・原監督 「北信越勢は“新潟に学べ”です」

公開日:  更新日:

 近年、甲子園で目覚ましい活躍を見せているのが北信越勢だ。昨夏は新潟、富山、石川、福井、長野で計13勝。日本文理(新潟)と敦賀気比(福井)がベスト4入りし、今春のセンバツは敦賀気比が全国制覇した。北信越が弱小地域と呼ばれたのも過去の話だ。12日に登場、初戦で宮崎日大(宮崎)を下した上田西(長野)の原公彦監督(44)に北信越の野球事情を聞いた。

――北信越はなぜ強くなったのですが。

「やはり09年夏の甲子園での日本文理の準優勝が大きかったのだと思います」

――新潟に負けるな、ということですか。

「むしろ『新潟県に学べ』ですね。もともと新潟は県ぐるみで高校野球の強化に励んでいた。現在はそれを北信越全体の動きに出来ないかという雰囲気がありますね。新潟と福井は甲子園でも強くても、長野、石川、富山は実績だとへこんでいましたから(苦笑)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る