• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初戦突破の上田西・原監督 「北信越勢は“新潟に学べ”です」

 近年、甲子園で目覚ましい活躍を見せているのが北信越勢だ。昨夏は新潟、富山、石川、福井、長野で計13勝。日本文理(新潟)と敦賀気比(福井)がベスト4入りし、今春のセンバツは敦賀気比が全国制覇した。北信越が弱小地域と呼ばれたのも過去の話だ。12日に登場、初戦で宮崎日大(宮崎)を下した上田西(長野)の原公彦監督(44)に北信越の野球事情を聞いた。

――北信越はなぜ強くなったのですが。

「やはり09年夏の甲子園での日本文理の準優勝が大きかったのだと思います」

――新潟に負けるな、ということですか。

「むしろ『新潟県に学べ』ですね。もともと新潟は県ぐるみで高校野球の強化に励んでいた。現在はそれを北信越全体の動きに出来ないかという雰囲気がありますね。新潟と福井は甲子園でも強くても、長野、石川、富山は実績だとへこんでいましたから(苦笑)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る