初戦突破の上田西・原監督 「北信越勢は“新潟に学べ”です」

公開日: 更新日:

 近年、甲子園で目覚ましい活躍を見せているのが北信越勢だ。昨夏は新潟、富山、石川、福井、長野で計13勝。日本文理(新潟)と敦賀気比(福井)がベスト4入りし、今春のセンバツは敦賀気比が全国制覇した。北信越が弱小地域と呼ばれたのも過去の話だ。12日に登場、初戦で宮崎日大(宮崎)を下した上田西(長野)の原公彦監督(44)に北信越の野球事情を聞いた。

――北信越はなぜ強くなったのですが。

「やはり09年夏の甲子園での日本文理の準優勝が大きかったのだと思います」

――新潟に負けるな、ということですか。

「むしろ『新潟県に学べ』ですね。もともと新潟は県ぐるみで高校野球の強化に励んでいた。現在はそれを北信越全体の動きに出来ないかという雰囲気がありますね。新潟と福井は甲子園でも強くても、長野、石川、富山は実績だとへこんでいましたから(苦笑)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る