骨折から復帰も居場所なし 楽天・嶋は巨人と中日に狙われる

公開日: 更新日:

「今オフも巨人は動くでしょう。昨年だって、かなり突っ込んだ調査をしていたんですから」

 日本テレビ関係者がこう言った。

 セの首位には立つものの、開幕から一向に調子が上がらない巨人。故障者の続出、貧打、不安定なリリーフ陣……とその原因を挙げればいろいろあるが、球団内で一致しているのは「正捕手問題」である。昨秋に大黒柱の阿部慎之助(36)を一塁にコンバート。原監督が「99%戻すことはない」と強い決意を持って断行したのは、体のあちこちに爆弾を抱える阿部に一年を通してマスクをかぶらせることは無理だと判断したからだ。監督の分身たる扇の要がその日の体調によってコロコロと変わるのはチームとして正常な姿ではない。だったら、2年目の小林誠司(26)を正捕手として一本立ちさせることがチームの将来のためと考えたわけだが、冒頭の関係者はこう付け加える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る