骨折から復帰も居場所なし 楽天・嶋は巨人と中日に狙われる

公開日:  更新日:

「今オフも巨人は動くでしょう。昨年だって、かなり突っ込んだ調査をしていたんですから」

 日本テレビ関係者がこう言った。

 セの首位には立つものの、開幕から一向に調子が上がらない巨人。故障者の続出、貧打、不安定なリリーフ陣……とその原因を挙げればいろいろあるが、球団内で一致しているのは「正捕手問題」である。昨秋に大黒柱の阿部慎之助(36)を一塁にコンバート。原監督が「99%戻すことはない」と強い決意を持って断行したのは、体のあちこちに爆弾を抱える阿部に一年を通してマスクをかぶらせることは無理だと判断したからだ。監督の分身たる扇の要がその日の体調によってコロコロと変わるのはチームとして正常な姿ではない。だったら、2年目の小林誠司(26)を正捕手として一本立ちさせることがチームの将来のためと考えたわけだが、冒頭の関係者はこう付け加える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る