ゴルフ「2015年問題」加速の恐れ 背景に高額名義書き換え料

公開日:  更新日:

 団塊世代が高齢者(65歳)の仲間入りをしたのが2012年。ゴルフ業界は今、市場を引っ張ってきた団塊世代が退職時期を迎え、一緒にプレーする仲間がいなくなってゴルフをしなくなる「2015年問題」に直面している。

 10年後には800万人いるそのすべてが後期高齢者(75歳)になり、市場がさらに縮小する「2025年問題」に危機感を抱いている。

 競技人口の減少と低価格化により、ゴルフ用品を含めた市場規模は09年以降、1500億円近く落ち込み、09年に9164万2000人だったゴルフ場利用者は、13年には8674万6000人まで減った(日本ゴルフ場事業協会調べ)。

 その一方で、ゴルフ場の売り上げは意外なことに11年以降、微増しているが、これは平日や早朝の利用料金を下げたことで、時間がたっぷりあるシニアの利用者が増加したからだ。だが、10年後はそのシニアにも頼れなくなるため、現役世代が利用しやすいような価格設定や新たな取り組みが、早急に求められている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る