日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフ「2015年問題」加速の恐れ 背景に高額名義書き換え料

 団塊世代が高齢者(65歳)の仲間入りをしたのが2012年。ゴルフ業界は今、市場を引っ張ってきた団塊世代が退職時期を迎え、一緒にプレーする仲間がいなくなってゴルフをしなくなる「2015年問題」に直面している。

 10年後には800万人いるそのすべてが後期高齢者(75歳)になり、市場がさらに縮小する「2025年問題」に危機感を抱いている。

 競技人口の減少と低価格化により、ゴルフ用品を含めた市場規模は09年以降、1500億円近く落ち込み、09年に9164万2000人だったゴルフ場利用者は、13年には8674万6000人まで減った(日本ゴルフ場事業協会調べ)。

 その一方で、ゴルフ場の売り上げは意外なことに11年以降、微増しているが、これは平日や早朝の利用料金を下げたことで、時間がたっぷりあるシニアの利用者が増加したからだ。だが、10年後はそのシニアにも頼れなくなるため、現役世代が利用しやすいような価格設定や新たな取り組みが、早急に求められている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事