高反発ドライバー規制 日本ゴルフ協会が態度“軟化”の理由

公開日:  更新日:

「規則を統括している立場として、不適合クラブでプレーされることを容認することはできません。しかしながら、健康や親交を深めるためにプレーされるなど、個人の目的まで否定することはできません」

 日本ゴルフ協会(JGA)の高反発ドライバーについての見解だ(「週刊ポスト」4月24日号)。

 高反発ドライバーは2008年からルール上、使用禁止になった。アマチュアからボールを飛ばす喜びを奪ったのだ。これを理由に、ゴルフをやめるシニアが続出した。そもそもなぜ、規制されたのか。

 きっかけは日本のクラブメーカーが最先端技術を駆使し、世界に先駆けて飛ぶチタンドライバーを作ったからといわれている。そして高反発ドライバーでプロの飛距離が格段にアップしたため、1998年に突如、全米ゴルフ協会(USGA)が反発係数を問題視したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る