早実8強進出 清宮「甲子園1号」右翼へ2ラン…納得の5打点

公開日:  更新日:

 高々と舞い上がった白球が、放物線を描いて右翼スタンドに吸い込まれた。

 早実(西東京)の1年生・清宮幸太郎が15日に行われた夏の甲子園3回戦、対東海大甲府(山梨)戦の第2打席で2ランを放った。甲子園1号だ。

 同点の三回。無死一塁で、この日、2回目の打席が回った。1ボール2ストライクからの4球目、120キロのチェンジアップが、ど真ん中に甘く入ってくる。バットを振り抜くと、打球は右翼フェンスを越え、スタンドに飛び込んだ。清宮は淡々とした表情でダイヤモンドを一周、ベンチに戻ると納得の笑顔をナインにふりまいた。

 東海大甲府の先発・右腕菊地は試合前、「(清宮には)徹底して内角を攻めたい」と話していた。言葉通り、初回の1打席目は臀部に142キロの死球を見舞った。

 清宮はこれで初戦から3試合連続死球を食らったことになる。それでも腰は引かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る