早実8強進出 清宮「甲子園1号」右翼へ2ラン…納得の5打点

公開日: 更新日:

 高々と舞い上がった白球が、放物線を描いて右翼スタンドに吸い込まれた。

 早実(西東京)の1年生・清宮幸太郎が15日に行われた夏の甲子園3回戦、対東海大甲府(山梨)戦の第2打席で2ランを放った。甲子園1号だ。

 同点の三回。無死一塁で、この日、2回目の打席が回った。1ボール2ストライクからの4球目、120キロのチェンジアップが、ど真ん中に甘く入ってくる。バットを振り抜くと、打球は右翼フェンスを越え、スタンドに飛び込んだ。清宮は淡々とした表情でダイヤモンドを一周、ベンチに戻ると納得の笑顔をナインにふりまいた。

 東海大甲府の先発・右腕菊地は試合前、「(清宮には)徹底して内角を攻めたい」と話していた。言葉通り、初回の1打席目は臀部に142キロの死球を見舞った。

 清宮はこれで初戦から3試合連続死球を食らったことになる。それでも腰は引かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る