• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷燃えた! ジョンソンの前で今季3度目の完封

 昨年の日米野球が終わって、大リーグの公式サイトに「いますぐメジャー挑戦すれば、ヤンキース入りした田中の7年総額180億円を上回る大型契約を手にする」と報じられた日本ハムの大谷翔平(21)。

 18日のロッテ戦は6安打無失点、12奪三振で昨年の11勝を上回る12勝目(3敗)。今季3度目の完封というオマケまでつけた。これで勝ち数、奪三振(151)、防御率(2・11)の3部門でリーグトップを独走中だ。

 そんな大谷をこの日、ネット裏から視察したのが、来日中の現ダイヤモンドバックス球団社長補佐のランディ・ジョンソン(51)。左腕から繰り出す160キロの剛速球を武器にメジャー303勝を挙げた伝説の人物を前にして、メジャー志向の強い大谷が燃えないはずはない。自身2連敗中だっただけに、「開幕のつもりで投げた」という。

 大谷に対してはダイヤモンドバックスはもちろん、ヤンキースを含む他球団もぞっこん。中でもヤ軍のキャッシュマンGMはことあるごとに「オオタニ」の名前を連呼していて、登板する試合は米国でチェックしているとも。メジャー関係者たちは改めて大谷を髙く評価したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る