日ハム大谷燃えた! ジョンソンの前で今季3度目の完封

公開日: 更新日:

 昨年の日米野球が終わって、大リーグの公式サイトに「いますぐメジャー挑戦すれば、ヤンキース入りした田中の7年総額180億円を上回る大型契約を手にする」と報じられた日本ハム大谷翔平(21)。

 18日のロッテ戦は6安打無失点、12奪三振で昨年の11勝を上回る12勝目(3敗)。今季3度目の完封というオマケまでつけた。これで勝ち数、奪三振(151)、防御率(2・11)の3部門でリーグトップを独走中だ。

 そんな大谷をこの日、ネット裏から視察したのが、来日中の現ダイヤモンドバックス球団社長補佐のランディ・ジョンソン(51)。左腕から繰り出す160キロの剛速球を武器にメジャー303勝を挙げた伝説の人物を前にして、メジャー志向の強い大谷が燃えないはずはない。自身2連敗中だっただけに、「開幕のつもりで投げた」という。

 大谷に対してはダイヤモンドバックスはもちろん、ヤンキースを含む他球団もぞっこん。中でもヤ軍のキャッシュマンGMはことあるごとに「オオタニ」の名前を連呼していて、登板する試合は米国でチェックしているとも。メジャー関係者たちは改めて大谷を髙く評価したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    山口県が2000万円で高級車購入 安倍前首相“お国入り用”か

もっと見る