日ハム大谷燃えた! ジョンソンの前で今季3度目の完封

公開日:  更新日:

 昨年の日米野球が終わって、大リーグの公式サイトに「いますぐメジャー挑戦すれば、ヤンキース入りした田中の7年総額180億円を上回る大型契約を手にする」と報じられた日本ハムの大谷翔平(21)。

 18日のロッテ戦は6安打無失点、12奪三振で昨年の11勝を上回る12勝目(3敗)。今季3度目の完封というオマケまでつけた。これで勝ち数、奪三振(151)、防御率(2・11)の3部門でリーグトップを独走中だ。

 そんな大谷をこの日、ネット裏から視察したのが、来日中の現ダイヤモンドバックス球団社長補佐のランディ・ジョンソン(51)。左腕から繰り出す160キロの剛速球を武器にメジャー303勝を挙げた伝説の人物を前にして、メジャー志向の強い大谷が燃えないはずはない。自身2連敗中だっただけに、「開幕のつもりで投げた」という。

 大谷に対してはダイヤモンドバックスはもちろん、ヤンキースを含む他球団もぞっこん。中でもヤ軍のキャッシュマンGMはことあるごとに「オオタニ」の名前を連呼していて、登板する試合は米国でチェックしているとも。メジャー関係者たちは改めて大谷を髙く評価したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る