日ハム大谷燃えた! ジョンソンの前で今季3度目の完封

公開日: 更新日:

 昨年の日米野球が終わって、大リーグの公式サイトに「いますぐメジャー挑戦すれば、ヤンキース入りした田中の7年総額180億円を上回る大型契約を手にする」と報じられた日本ハムの大谷翔平(21)。

 18日のロッテ戦は6安打無失点、12奪三振で昨年の11勝を上回る12勝目(3敗)。今季3度目の完封というオマケまでつけた。これで勝ち数、奪三振(151)、防御率(2・11)の3部門でリーグトップを独走中だ。

 そんな大谷をこの日、ネット裏から視察したのが、来日中の現ダイヤモンドバックス球団社長補佐のランディ・ジョンソン(51)。左腕から繰り出す160キロの剛速球を武器にメジャー303勝を挙げた伝説の人物を前にして、メジャー志向の強い大谷が燃えないはずはない。自身2連敗中だっただけに、「開幕のつもりで投げた」という。

 大谷に対してはダイヤモンドバックスはもちろん、ヤンキースを含む他球団もぞっこん。中でもヤ軍のキャッシュマンGMはことあるごとに「オオタニ」の名前を連呼していて、登板する試合は米国でチェックしているとも。メジャー関係者たちは改めて大谷を髙く評価したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る