球宴MAX159キロに込められた日ハム大谷のささやかな“反抗”

公開日:  更新日:

 17日の球宴初戦、全パの先発マウンドに上がった日本ハムの大谷翔平(21)は、2回を投げて2安打2三振で1失点。注目のMAXは159キロにとどまった。

「最後1球だけ、(最速を)狙いにいったんですけど……。出なかったですね」

 登板後、こう言って苦笑いを浮かべた日本一の快速右腕には、当初からしばりがかかっていた。

 昨年の球宴で日本人史上最速の162キロをマーク。打者5人に対して投じた21球の直球はすべて157キロ以上を記録してファンを大いに興奮させた。だが、球速を求めたことで投球フォームを崩し、球宴前に9勝1敗(防御率2.23)だった成績は、球宴明けの後半戦では2勝3敗(防御率3.24)と失速。明らかに調子を落とした。

 そのため、栗山監督から「誰が見てもあそこでおかしくなった。短いイニングを投げたらスピードは出る。でも、同じことをやったら『スットコドッコイ』。失敗を生かせなかったら超一流にはなれない。『スットコドッコイ』だけど信用はしてる」としつこく太い釘を刺されていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る