球宴MAX159キロに込められた日ハム大谷のささやかな“反抗”

公開日: 更新日:

 17日の球宴初戦、全パの先発マウンドに上がった日本ハム大谷翔平(21)は、2回を投げて2安打2三振で1失点。注目のMAXは159キロにとどまった。

「最後1球だけ、(最速を)狙いにいったんですけど……。出なかったですね」

 登板後、こう言って苦笑いを浮かべた日本一の快速右腕には、当初からしばりがかかっていた。

 昨年の球宴で日本人史上最速の162キロをマーク。打者5人に対して投じた21球の直球はすべて157キロ以上を記録してファンを大いに興奮させた。だが、球速を求めたことで投球フォームを崩し、球宴前に9勝1敗(防御率2.23)だった成績は、球宴明けの後半戦では2勝3敗(防御率3.24)と失速。明らかに調子を落とした。

 そのため、栗山監督から「誰が見てもあそこでおかしくなった。短いイニングを投げたらスピードは出る。でも、同じことをやったら『スットコドッコイ』。失敗を生かせなかったら超一流にはなれない。『スットコドッコイ』だけど信用はしてる」としつこく太い釘を刺されていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  9. 9

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  10. 10

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

もっと見る