プロ野球選手もポロポロ 最近のアスリートはすぐ泣くのか?

公開日:  更新日:

 巨人が阪神にサヨナラ勝ちで3連勝した20日の試合。9勝目(8敗)を挙げた菅野はお立ち台の上で、「前回悔しい思いをして、最後まで投げきるという強い気持ちをもってマウンドに上がったので本当にうれしいです」といって目に涙を浮かべた。

 7月には、不振にあえぐ巨人の村田がホームランを打つと、やはりお立ち台で人目をはばからず涙を流した。

 甲子園の準決勝で仙台育英に負けた早実1年の清宮も、ベンチ前で泣いていたが、最近のスポーツ選手はプロ・アマ問わず、人前でよく泣く。

 スポーツファンの麻生千晶氏(作家)は、「スポーツ選手に限ったことではありません。彼らはテレビに映るので目立つだけですが、男が人前で泣くのはみっともないです」と言って、こう続ける。

「男たるもの、親が死んでも人前では腹に力を入れて涙をこらえるものです。人間は誇りで生きているから動物とは違うのです。誇りのために命さえも捨てる人もいる。今は男性としての矜持がないから、人前で女々しくボロボロ涙を流せるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る