プロ野球選手もポロポロ 最近のアスリートはすぐ泣くのか?

公開日:  更新日:

 巨人が阪神にサヨナラ勝ちで3連勝した20日の試合。9勝目(8敗)を挙げた菅野はお立ち台の上で、「前回悔しい思いをして、最後まで投げきるという強い気持ちをもってマウンドに上がったので本当にうれしいです」といって目に涙を浮かべた。

 7月には、不振にあえぐ巨人の村田がホームランを打つと、やはりお立ち台で人目をはばからず涙を流した。

 甲子園の準決勝で仙台育英に負けた早実1年の清宮も、ベンチ前で泣いていたが、最近のスポーツ選手はプロ・アマ問わず、人前でよく泣く。

 スポーツファンの麻生千晶氏(作家)は、「スポーツ選手に限ったことではありません。彼らはテレビに映るので目立つだけですが、男が人前で泣くのはみっともないです」と言って、こう続ける。

「男たるもの、親が死んでも人前では腹に力を入れて涙をこらえるものです。人間は誇りで生きているから動物とは違うのです。誇りのために命さえも捨てる人もいる。今は男性としての矜持がないから、人前で女々しくボロボロ涙を流せるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る