日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフ世界ランク 松山以外の日本人はなぜ低迷するのか?

 これが正しい評価というものだろう。

 先週の米ツアー・カナディアンオープン最終日に進めなかった石川遼(23)は、世界ランクを203位まで落とした。松山英樹(23)は15位のままだが、国内のプロゴルファーとテニス選手の世界ランクを比較すると、意外な事実がわかる。

 ゴルフは松山以下は大きく引き離され95位=岩田寛、111位=小田孔明、138位=近藤共弘、139位=片山晋呉と、150位以内は5選手しかいない。

 一方のテニスも錦織圭(25)の5位はダントツ。91位=伊藤竜馬、112位=ダニエル太郎、114位=添田豪、137位=西岡良仁、149位=杉田祐一(すべて7月27日現在)と、国内ゴルファーのランクとほぼ同じだ。

 ポイントシステムが異なる時代には、尾崎将司が8位、80年代後半に4大メジャーで何度もベスト10に入った中嶋常幸が4位にランクインしたこともあるが、それも昔の話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事