ミラン開幕戦完敗 本田圭も新指揮官の信頼得られず途中交代

公開日: 更新日:

 セリエA・ミランのMF本田圭佑(29)の15―16年シーズンの開幕戦は「39分」で終わった。敵地でのフィオレンティーナ戦(日本時間24日午前3時45分開始)にトップ下で先発したが、前半39分にDFエリーが2枚目のイエローカードで退場。DFサパタを投入する代わりにベンチに連れ戻されたからである。

 本田が見せ場をつくっていたら、ベンチ送りは2トップの一人だったはずだが、本田は“消えている”時間帯が長く、目に付くのは相手に吹っ飛ばされたり、自陣で守備に奔走する場面ばかり。

 ベンチの本田は悔しさを押し殺し、能面のような表情で戦況を見守るしかなかった。今季から「自分の家」と公言するトップ下を任されることになったが、周囲との連係もイマイチだったし、何よりも新指揮官の信頼が薄いことも露呈した。

 試合は0―2の完敗に終わった。不完全燃焼の本田。前途多難である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る