ミラン開幕戦完敗 本田圭も新指揮官の信頼得られず途中交代

公開日:  更新日:

 セリエA・ミランのMF本田圭佑(29)の15―16年シーズンの開幕戦は「39分」で終わった。敵地でのフィオレンティーナ戦(日本時間24日午前3時45分開始)にトップ下で先発したが、前半39分にDFエリーが2枚目のイエローカードで退場。DFサパタを投入する代わりにベンチに連れ戻されたからである。

 本田が見せ場をつくっていたら、ベンチ送りは2トップの一人だったはずだが、本田は“消えている”時間帯が長く、目に付くのは相手に吹っ飛ばされたり、自陣で守備に奔走する場面ばかり。

 ベンチの本田は悔しさを押し殺し、能面のような表情で戦況を見守るしかなかった。今季から「自分の家」と公言するトップ下を任されることになったが、周囲との連係もイマイチだったし、何よりも新指揮官の信頼が薄いことも露呈した。

 試合は0―2の完敗に終わった。不完全燃焼の本田。前途多難である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る