初HRが逆転満塁弾 ソフトB上林はイチローばりの打撃センス

公開日: 更新日:

「いまでも打ったのかなという感じです。初めてなので、とても気持ちがいい」

 試合後のお立ち台でこう言ったのがソフトバンクの2年目・上林誠知外野手(20)だ。25日の対ロッテ戦。1点を追う六回2死満塁で、イ・デウンから逆転本塁打を右翼席に放り込んだ。三回の1打席目でプロ初安打の左前打を放つなど、スタメン2試合目で首脳陣の期待に応えた。

 仙台育英(宮城)から13年のドラフト4位で入団。プロ2年目の今季は主将の内川との合同自主トレに参加、野球への取り組み方や考え方を吸収したという。

 背番号は憧れのイチロー(マーリンズ)と同じ「51」。今季のウエスタン・リーグでは3割3分3厘で打率トップ(25日現在)。正確なバットコントロールが売りだ。

 仙台育英3年時に出場した春のセンバツ2回戦(対創成館)では、ワンバウンドのボール球を二塁打に。ベース手前で弾んだタテのスライダーを右中間に運んで大観衆の度肝を抜いた。イチローさながらの打撃は、高校時代に1メートルのバットを1日1000回振り込んで身に付けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る