初HRが逆転満塁弾 ソフトB上林はイチローばりの打撃センス

公開日:  更新日:

「いまでも打ったのかなという感じです。初めてなので、とても気持ちがいい」

 試合後のお立ち台でこう言ったのがソフトバンクの2年目・上林誠知外野手(20)だ。25日の対ロッテ戦。1点を追う六回2死満塁で、イ・デウンから逆転本塁打を右翼席に放り込んだ。三回の1打席目でプロ初安打の左前打を放つなど、スタメン2試合目で首脳陣の期待に応えた。

 仙台育英(宮城)から13年のドラフト4位で入団。プロ2年目の今季は主将の内川との合同自主トレに参加、野球への取り組み方や考え方を吸収したという。

 背番号は憧れのイチロー(マーリンズ)と同じ「51」。今季のウエスタン・リーグでは3割3分3厘で打率トップ(25日現在)。正確なバットコントロールが売りだ。

 仙台育英3年時に出場した春のセンバツ2回戦(対創成館)では、ワンバウンドのボール球を二塁打に。ベース手前で弾んだタテのスライダーを右中間に運んで大観衆の度肝を抜いた。イチローさながらの打撃は、高校時代に1メートルのバットを1日1000回振り込んで身に付けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る