決勝適時打のソフトB明石 万能選手が輝く“珍条件”とは?

公開日:  更新日:

 チーム一どころか、「球界ナンバーワンのユーティリティープレーヤー」と名高いのが、ソフトバンクの明石健志(29)だ。

 20日のオリックス戦では同点の七回に決勝適時打を放った。今季は一塁と二塁でそれぞれ30試合前後、スタメン出場しており、この日は「1番・二塁」。あるチーム関係者は、「明石は決まったポジションを与えない方が輝く選手なんです」とこう言う。

「持ち味は内野ならどこでも守れる器用さ。12年を最後に守っていないとはいえ、外野守備だって可能です。数年前、明石が本気で『二塁のレギュラーを掴む!』とキャンプから燃えていたことがあった。当時の首脳陣は口では『そうか、頑張れ』と言っていたものの、実際は『明石がベンチにいれば、内外野の守備固め、代走が一人で賄える。アイツが本多から二塁を奪ったら、代わりに何人ベンチに入れなきゃいけないんだ』と頭を抱えていたほどです」

 縁の下の力持ちがいるチームは強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る