決勝適時打のソフトB明石 万能選手が輝く“珍条件”とは?

公開日:  更新日:

 チーム一どころか、「球界ナンバーワンのユーティリティープレーヤー」と名高いのが、ソフトバンクの明石健志(29)だ。

 20日のオリックス戦では同点の七回に決勝適時打を放った。今季は一塁と二塁でそれぞれ30試合前後、スタメン出場しており、この日は「1番・二塁」。あるチーム関係者は、「明石は決まったポジションを与えない方が輝く選手なんです」とこう言う。

「持ち味は内野ならどこでも守れる器用さ。12年を最後に守っていないとはいえ、外野守備だって可能です。数年前、明石が本気で『二塁のレギュラーを掴む!』とキャンプから燃えていたことがあった。当時の首脳陣は口では『そうか、頑張れ』と言っていたものの、実際は『明石がベンチにいれば、内外野の守備固め、代走が一人で賄える。アイツが本多から二塁を奪ったら、代わりに何人ベンチに入れなきゃいけないんだ』と頭を抱えていたほどです」

 縁の下の力持ちがいるチームは強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る