マンチーニの“秘蔵っ子”電撃加入 長友を脅かすテレスの実力

公開日: 更新日:

 イタリアメディアも、テレスのインテル加入を大きく取り上げた。スポーツ紙「La Gazzetta dello Sport」はウェブサイトにプレイ動画を掲載。テレスを元ブラジル代表の名サイドバックであるロベルト・カルロス(42)の「後継者」と紹介した。

 ニュースサイト「Tutto Mercato Web」はインテルオーナーのエリック・トヒル(45)のコメントを掲載。「(テレスは)高いクオリティーと若々しさをチームにもたらす」と報じた。

 対する長友だが、現状ではやはり分が悪い。30日のセリエA第2節カルピ戦では後半35分から途中出場したものの、ピッチに出た直後に失点に絡んでしまい、マンチーニ監督から「長友は失点場面で注意深くなかった」と苦言を呈された。

 夏のマーケットでは移籍濃厚と報じられたため、お別れムードだったインテルサポーターも長友残留には首を捻っているようで、ツイッターでは<何も感じない><長友はもう売れないの?>などとネガティブなつぶやきが噴出。同じく日本のファンからも<(代表戦で日本に)帰ってくる場合じゃないだろ>と心配の声が出ている。

 ロシアW杯アジア2次予選のため帰国した空港で長友は1日、連日の移籍報道を「楽しんでました」と笑顔で語り、同日さいたま市内で行われた日本代表公式練習後も「僕はいる場所でしっかり輝く努力をするだけ」と話したが、果たして本心は……?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  8. 8

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  9. 9

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  10. 10

    20年で3倍強に!アメリカの大学「学費高騰」の本当の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る