マンチーニの“秘蔵っ子”電撃加入 長友を脅かすテレスの実力

公開日: 更新日:

 夏の移籍市場でイングランドやスペインへの移籍が取り沙汰された長友佑都(28)。結局インテル残留が決まったものの、今シーズンはこれまで以上に激しいポジション争いを強いられそうだ。

 セリエAの移籍市場が閉まるギリギリの8月31日、所属するインテルがトルコのガラタサライからMFのフェリペ・メロ(32)とDFのアレックス・テレス(22)、ASローマからFWのアデム・リャイッチ(23)の3選手を駆け込みで獲得したからだ。

 3人のうち、長友の脅威となりそうなのがブラジル人DFのテレスだ。主に左サイドバックや左サイドハーフを得意とするため、長友とポジションがモロに重なる。身長181センチと上背があり、持ち味は正確なクロスと積極的な攻撃参加。ブラジル期待のホープで、現インテル監督のロベルト・マンチーニ氏(50)がガラタサライを指揮した13-14年シーズンには、メロとともに指導を受けた、いわば“秘蔵っ子”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る