マンチーニの“秘蔵っ子”電撃加入 長友を脅かすテレスの実力

公開日: 更新日:

 夏の移籍市場でイングランドやスペインへの移籍が取り沙汰された長友佑都(28)。結局インテル残留が決まったものの、今シーズンはこれまで以上に激しいポジション争いを強いられそうだ。

 セリエAの移籍市場が閉まるギリギリの8月31日、所属するインテルがトルコのガラタサライからMFのフェリペ・メロ(32)とDFのアレックス・テレス(22)、ASローマからFWのアデム・リャイッチ(23)の3選手を駆け込みで獲得したからだ。

 3人のうち、長友の脅威となりそうなのがブラジル人DFのテレスだ。主に左サイドバックや左サイドハーフを得意とするため、長友とポジションがモロに重なる。身長181センチと上背があり、持ち味は正確なクロスと積極的な攻撃参加。ブラジル期待のホープで、現インテル監督のロベルト・マンチーニ氏(50)がガラタサライを指揮した13-14年シーズンには、メロとともに指導を受けた、いわば“秘蔵っ子”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る