マンチーニの“秘蔵っ子”電撃加入 長友を脅かすテレスの実力

公開日: 更新日:

 夏の移籍市場でイングランドやスペインへの移籍が取り沙汰された長友佑都(28)。結局インテル残留が決まったものの、今シーズンはこれまで以上に激しいポジション争いを強いられそうだ。

 セリエAの移籍市場が閉まるギリギリの8月31日、所属するインテルがトルコのガラタサライからMFのフェリペ・メロ(32)とDFのアレックス・テレス(22)、ASローマからFWのアデム・リャイッチ(23)の3選手を駆け込みで獲得したからだ。

 3人のうち、長友の脅威となりそうなのがブラジル人DFのテレスだ。主に左サイドバックや左サイドハーフを得意とするため、長友とポジションがモロに重なる。身長181センチと上背があり、持ち味は正確なクロスと積極的な攻撃参加。ブラジル期待のホープで、現インテル監督のロベルト・マンチーニ氏(50)がガラタサライを指揮した13-14年シーズンには、メロとともに指導を受けた、いわば“秘蔵っ子”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る