マンチーニの“秘蔵っ子”電撃加入 長友を脅かすテレスの実力

公開日:  更新日:

 夏の移籍市場でイングランドやスペインへの移籍が取り沙汰された長友佑都(28)。結局インテル残留が決まったものの、今シーズンはこれまで以上に激しいポジション争いを強いられそうだ。

 セリエAの移籍市場が閉まるギリギリの8月31日、所属するインテルがトルコのガラタサライからMFのフェリペ・メロ(32)とDFのアレックス・テレス(22)、ASローマからFWのアデム・リャイッチ(23)の3選手を駆け込みで獲得したからだ。

 3人のうち、長友の脅威となりそうなのがブラジル人DFのテレスだ。主に左サイドバックや左サイドハーフを得意とするため、長友とポジションがモロに重なる。身長181センチと上背があり、持ち味は正確なクロスと積極的な攻撃参加。ブラジル期待のホープで、現インテル監督のロベルト・マンチーニ氏(50)がガラタサライを指揮した13-14年シーズンには、メロとともに指導を受けた、いわば“秘蔵っ子”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る